Yahoo! JAPAN

甲子園| おひとりさまでも子連れでも!ボリューム満点の中華ランチ

ニシマグ

世界三大料理の一つでもある中華。苦手な食材がある方でも、中華全般が苦手な方はあまりいないはず!今回は甲子園にある女性でもふらっと行きやすい中華レストラン「チャイナバル ビガッ!(BIG UP!)」を紹介します。

お店はビルの地下に

こちらのお店は、鳴尾御影線沿いの東進衛星予備校のあるビルの地下にあります。

阪神甲子園駅から歩いて10分ほどと少し距離がありますが、駐車場があり車でのアクセスは便利です。
階段を下に降りるとすぐお店があります。

何となく中華料理店というと、漢字の店名の暖簾がかかっているイメージがありますが、こちらのお店はスタイリッシュな店構えが目を引きます。樽が置かれているのも、さすがチャイナバルですね!

早速お店に入ってみましょう。ゆとりのあるカウンター席が6席と、広めのテーブル席が4席あります。奥には、ソファ席もあるのでお子様連れでもゆっくりできそうです。

ランチメニューはどれも1000円!

ランチメニューは全部で5種類でどのメニューも税込み1000円です。キッズメニューもありますよ。

外に大きく写真が飾られていた麻婆豆腐と迷ったのですが、数量限定と書かれたシェフランチをオーダー。この日は唐揚げと春巻きでした。

ランチメニューの他にも、「今月のメニュおすすめメニュー」をはじめ、おいしそうなメニューがずらり!
(ただし、店主1人で調理しているため、ランチタイムの単品注文は時間がかかることもあるそうなので要確認)

バルというだけあってアルコールメニューも豊富です。


カウンター席で待っていると、ジュー!と炒める音や、パチパチ!と揚げる音が臨場感。店内に流れるレゲエのBGMと、気のせいかリズムが合っているようにも聞こえます。

お酒のボトルや、唐辛子をはじめとする中華料理で使われるスパイスがきれいにディスプレイされています。


待つこと数分。オーダーしたシェフランチが運ばれてきました。

メインの唐揚げと春巻きの他に、サラダ、小皿、スープ、ライスが付きます。

ライスのお代わりサービスもあり、がっつり食べたい男性には嬉しいですね!プラス200円で炒飯に変更することも可能です。

この日のサラダは、春雨のマヨネーズサラダ。 細切りにされたきゅうりと人参がぷりっとした食感の春雨とよく合います。


小皿料理は、鶏肉がネギ塩で和えられたもの。冷たく冷やされているのに、お箸で簡単にほぐれてしまうほど鶏肉がしっとり柔らかな一品です。しっかり目の塩気がお酒にも合いそうです。

スープは、ふわふわの卵が入ったかき玉スープ。こちらは、ほんのりやさしい甘みがあり、ほっとする味。

そしてメインのお皿には、あつあつの大き目な鶏もも肉の唐揚げが4切と、春巻きが2切。一切れが大き目なので、なかなかのボリュームです!

春巻きを一口食べてみると、音が出るほどカリっと揚がっています。中にはニラやタケノコなどの醤油ベースの餡がぎっしり!しっかり目の味付けなので、ご飯が進みます。

唐揚げには、あら塩とタルタルソースが添えられています。まずは、シンプルに何も付けずに一口…。衣はカリっとしていて、お肉はやわらかジューシー!下味がしっかりとつけられているので、何もつけなくても十分おいしいです。

あら塩はどことなく甘みがあって、唐揚げの味が引き締まる感じが!

タルタルソースを付けると、唐揚げのジューシーさがアップ!味変しながら楽しめるのが嬉しいですね。これだけジューシーなのに、変な油っぽさがあるわけではなく、胃もたれもありませんでした。

あつあつのまま揚げ物を頂くなんて、久しぶりだったので至福のひとときでした♪

筆者はもうお腹に余裕がなかったので、断念しましたがプラス300円でコーヒーとミニデザートをつけることもできますよ。

ビール好きな方には朗報ですが、こちらのお店はサントリーの「神泡達人店」の認定店でもあります。夜はビール片手に本格中華を楽しめそうですね。

家族連れでも、デートでもあらゆるシーンで活躍しそうな「チャイナバル ビガッ!」。筆者も今度は家族と一緒に行ってみようと思います!

【関連記事】

おすすめの記事