Yahoo! JAPAN

ワクチン接種会場 保土ケ谷区は保土ケ谷スポーツセンターで 集団か個別 選択・予約〈横浜市保土ケ谷区〉

タウンニュース

横浜市は2月16日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について、各区の接種会場やスケジュールを公表した。特設会場で受ける「集団接種」か病院や診療所などの「個別接種」かを選んで予約できる仕組みを導入し、高齢者施設の入居者を対象に「施設接種」も取り入れる。3月下旬から高齢者を対象に段階的に接種券を発送し、4月から接種を開始する。

市の発表によると、ワクチン接種の予約や問い合わせに対応するコールセンターを3月1日(月)に設置するという。予約は、接種券の送付後にコールセンターで受け付けるほか、スマートフォンやパソコンなどから対応するシステムも開設される。

65歳以上の高齢者の接種は4月から開始するが、コールセンターの問い合わせや予約の集中を避けるため、5歳毎に年齢層を分け、接種券の発送をずらして通知する。3月下旬に80歳以上(約29万人)、4月上旬に75歳以上(約19万人)、4月中旬に70歳以上(約24万人)と65歳以上(約20万人)の高齢者に段階的に発送される予定。

また基礎疾患保有者(約24万人)、高齢者施設等従事者(約5・6万人)、それ以外の市民(約237万人)は順次発送するとしており、接種時期は未定。

保土ケ谷区内では2月20日現在、保土ケ谷スポーツセンター(神戸町129の2)が集団接種の会場として公表されている。横浜市は今後、会場をさらに拡充していく考えだ。また個別接種に対応する病院は現在、約50院が協力の意向を示しており、最終的な確認をしているという。診療所は医師会を通じて調整を行うとしている。

(2月20日起稿)

【関連記事】

おすすめの記事