Yahoo! JAPAN

水森かおりが令嬢の女子大生に 2年ぶりとなる明治座公演の第一弾ビジュアルとコメント動画が解禁

SPICE

『水森かおり公演』

2021年6月に明治座にて上演される『水森かおり公演』第一弾ビジュアルと水森のコメント動画が公開された。

大ヒット曲「鳥取砂丘」以降も、各地のご当地ソングを歌い重ねてきたことから、「ご当地ソングの女王」とも呼ばれている、水森かおり。2020年の紅白歌合戦で18年連続出場を果たし、披露した巨大衣裳は大きな注目を集めた彼女が、2019年3月に上演した『水森かおり特別公演』で初の単独座長を務めて以来、2年ぶりに明治座に出演する。

喜劇とコンサートの二本立てで上演される本公演。第一部は華やかな大正時代の東京を舞台に、女子大生の令嬢に扮した水森かおりが記者を目指して奔走するドタバタ喜劇で、イケメン軍人や厳格な父親など多彩な出演者と繰り広げる抱腹絶倒のやりとりと、大正浪漫あふれる衣裳で躍動する姿を堪能できる。第二部では「鳥取砂丘」をはじめとした名曲の数々と、紅白の舞台で話題を呼んだ巨大ドレスを劇場バージョンで再現した特別衣裳を披露する。

水森かおり コメント(動画より抜粋)

第一部のお芝居では大正時代では珍しい女性記者を目指す令嬢役に挑戦します! 大正時代ならではの華やかな服装、劇場でしか見られない色々な姿を楽しんでいただきたいです。
第二部のコンサートでは紅白でお見せした巨大ドレスを劇場バージョンで再現したいと思っています。是非とも生で見に来てください!
たくさんの人たちと作り上げる一体感が好きなので、一人でのコンサートと違って、多くの人たちが出演する明治座の舞台は楽しみです。
コロナ渦で緊張感のある日々をお過ごしかと思いますが、非日常的な時間を過ごして頑張ろう!と元気になっていただければ幸いです。
劇場でお待ちしております。

明治座「水森かおり公演」PR動画

<水森かおり プロフィール>
8月31日生まれ。東京都出身。1995年「おしろい花」でデビュー。オリコン・歌謡ランキング初登場3位となり華々しいデビューを飾る。2002年に発売した「東尋坊」が多くのファンの心を掴み、翌年発売の「鳥取砂丘」はロングヒットを続け、日本レコード大賞・金賞、日本有線大賞・有線音楽優秀賞など多くの賞を受賞。またこの年にNHK紅白歌合戦へ初出場し、昨年まで18回連続出場を果たしている。10年には中日劇場にて、デビュー15周年記念『水森かおり新春公演』で初めての座長を務め、明治座では19年に『水森かおり特別公演』で初の単独座長公演を成功させた。日本各地を舞台とした曲を歌い続け、“ご当地ソングの女王”と呼ばれている。05年には「釧路湿原」の歌碑が釧路市内に建立された他、08年に発売した「輪島朝市」、15年発売「大和路の恋」の歌碑もそれぞれ建立され、これまで23ヶ所の観光大使や親善大使にも任命されている。

【関連記事】

おすすめの記事