Yahoo! JAPAN

家の中でしてほしい…!成犬からのトイレトレーニング方法

わんちゃんホンポ

成犬からトイレトレーニングはできる?

最近では保護された成犬の里親になる、大きくなって売れ残ってしまった犬を譲り受けるなど、子犬を飼う以外の選択肢も増えてきました。

しかし、成犬を飼うことについて検討している人の多くが、「大きくなってしまったからしつけはできないかな…」と心配しているようです。特にトイレトレーニングは室内で一緒に暮らす場合、必要不可欠なしつけなので悩みの種になる問題です。

結論から言うと、成犬になっていても、トイレトレーニングを含むしつけをすることは可能です。しつけは何歳からでもできるものですが、犬の生育環境や気質としつけ内容によっては、かなり時間がかかる場合もあると思います。

詳しい方法は以下で解説しますが、成犬のトイレトレーニングをするときも、状況次第では根気よく取り組む必要があるかもしれません。

また、犬のトイレはできるだけ室内や自宅敷地内でできるようにしておくことをおすすすめします。犬や飼い主さんの体調が悪いときや、極端な悪天候の際などにも自宅内でトイレを済ませることができれば負担は軽いでしょう。

また、若く健康なときであれば、散歩のタイミングで排泄をすればよかったかもしれませんが、年齢を重ねることで排泄を我慢できなくなることも増えてきます。介護を含め、年を取ったときのことを考えると犬が自由にトイレをできる環境を用意してあげることは大切です。

成犬のトイレトレーニングの方法

成犬のトイレトレーニングの方法は、基本的に子犬と同じやり方です。初めて室内でのトイレを教える場合でも、トレーニングのやり直しであってもそれは同じだと考えましょう。

まず大切なのは、犬の排泄のタイミングを把握することです。食事や運動のタイミングと合わせて、いつトイレに行きたがるかということをよく観察して、予測を立てられるようにします。漠然とトイレトレーニングをするよりも、タイミングを合わせてトイレに連れて行くことで格段に成功率は上がります。

✔食後や運動後など、犬が排泄をしたくなるタイミングにトイレシートを敷き詰めたサークルやケージに犬を誘導します。(抱っこして連れて行ってもOK)
✔排泄をするまでそのまま待ち、たまたまでもいいので成功したらケージから出してほめてあげましょう。
✔排泄中は、犬をびっくりさせない程度の声の大きさで、「シーシー」「ワンツー」などの掛け声をかけます。これが排泄を促す合図になります。

普段、外でしか排泄をしない場合はなかなか室内ではしてくれないことも考えられます。その場合は、玄関先やベランダなど外の気配を感じられる場所に、トイレシートを用意してあげるといいでしょう。

また、トイレシート自体に抵抗感を抱いているようであれば、散歩にトイレシートを持っていき、排泄のタイミングでさっと足元に敷いてみてください。

足裏にシートの感触を抱きながら排泄をすることで、室内でのトレーニングも成功しやすくなるでしょう。さらに、おしっこのにおいがついたシートを室内で使うことで排泄が促されやすくなります。

成犬のトイレトレーニングの注意点

成犬のトイレトレーニングは可能ですが、一筋縄ではいかないことも多くあります。一生懸命教えているのに失敗が続くと、ついイライラしてしまうと思いますが、どうかトイレの失敗は叱らないであげてください。

トイレシートの上で排泄ができなかった場合に叱っても、犬は何を叱られているか理解できず、室内で排泄したことを怒られたと勘違いしてしまうことも。

それ以降は室内で一切トイレをしなくなってしまったり、飼い主さんに見つからないように隠れたトイレをするようになってしまったりします。失敗したときは、無言で冷静に片付けをして大げさな反応を示さないようにしましょう。

また、成犬のトイレトレーニングには時間がかかるということを覚悟しておくことも大切です。いきなり成功することは難しいので、トイレシートに乗ることやにおいを嗅ぐことからほめるなど、スモールステップで成功に導いてあげましょう。

まとめ

成犬になるとしつけは難しいと思われがちですが、必ずしもそうではなく落ち着きや経験値がある分、すんなりうまくいくこともあります。もちろん、なかなかうまく行かずに悩むこともあるでしょう。しかし、これは成犬でも子犬でも同じことです。

成犬のトイレトレーニングをするときは、段階を踏んで成功を繰り返させることが大切です。年齢を重ねたあとの生活も快適に過ごせるよう、じっくり時間をかけて取り組んでくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事