Yahoo! JAPAN

ヘンリー王子、英国に到着する姿が目撃される 祖父の葬儀に出席するため急遽1人で帰国

Techinsight

ヘンリー王子が約1年1か月ぶりに英国に帰国(画像は『The Royal Family 2019年4月25日付Instagram「The Duchess of Cambridge, @kensingtonroyal, The Duke of Sussex, @sussexroyal, and The Duke of Gloucester have this afternoon attended a service at @westminsterabbeylondon to commemorate #ANZACDay.」』のスクリーンショット)

英王室のヘンリー王子(36)が現地時間11日午後、ロンドンのヒースロー空港に到着する姿がキャッチされた。王子は現地時間17日に執り行われるエディンバラ公フィリップ王配の葬儀に出席するため、妊娠中のメーガン妃(39)を米ロサンゼルスの自宅に残して1人で帰国した。『The Sun』が報じた。

『The Sun』によると英時間11日午後1時15分、ヒースロー空港に到着したロサンゼルス発英国航空の旅客機から、ヘンリー王子が降りる姿が確認された。

チノパンツにジャケットを羽織り、黒いマスクをつけたヘンリー王子が現れると、警察車両とともに待機していた警備員らに出迎えられた。王子はその後、黒いレンジローバーに乗り込んで空港から立ち去ったという。

現地報道によると、ヘンリー王子が乗った車は当初はメーガン妃とかつて居住していたノッティンガム・コテージに滞在するために建物があるケンジントン宮殿に向かったと見られていたが、その後ウィンザー城にあるフロッグモア・コテージに直行していたことが明らかになった。

ヘンリー王子の祖父エディンバラ公フィリップ王配は、現地時間9日に99歳で逝去した。葬儀は英時間17日、ウィンザー城の聖ジョージ教会で執り行われる。

英国のコロナ規制では、帰国者は10日間の自主隔離生活をしなければならないが、5日目以降に自己負担の検査で陰性結果が出れば隔離期間を5日に短縮することができる。ヘンリー王子はこの制度を利用し、葬儀に間に合うように帰国したものと見られる。メーガン妃は第2子を妊娠中のため、主治医から渡航を見合わせるようアドバイスを受けた。

ヘンリー王子は現地時間10日、ロサンゼルスにある自宅からキャデラック・エスカレードで出発する様子が目撃された。王子はロサンゼルス空港に向かい、早朝のフライトで10時間の旅へと飛び立ったと同メディアが伝えている。王子は昨年3月9日に英国から渡米して以来、今回の帰国は約1年1か月ぶりとなる。

なお葬儀はコロナ規制のため、参列できるのは聖職者を省いて30人までと決められている。チャールズ皇太子が棺の後を徒歩で先導する予定で、ヘンリー王子とウィリアム王子兄弟が肩を並べて葬儀に参列することになる。

先月にテレビで放映されたオプラ・ウィンフリーのインタビューでは、ヘンリー王子とメーガン妃による爆弾発言が大きな話題になった。英王室に詳しいリチャード・フィッツウィリアムス氏はこの件に言及し、「ヘンリー王子と家族の断絶を癒すためには、団結を示すことが必要だ」と語っている。

『Mirror Online』の情報筋によるとフィリップ王配が逝去した当日、ヘンリー王子は数人の王室メンバーと話したという。王子は父チャールズ皇太子や従妹のベアトリス王女やユージェニー王女らと会話し、祖父の葬儀のために英国に戻る予定だと話したそうだ。

画像は『The Royal Family 2019年4月25日付Instagram「The Duchess of Cambridge @kensingtonroyal The Duke of Sussex @sussexroyal and The Duke of Gloucester have this afternoon attended a service at @westminsterabbeylondon to commemorate #ANZACDay.」、2017年12月19日付Instagram「Today Prince Harry was appointed Captain General @royalmarines succeeding the Duke of Edinburgh in the role.」』『Duke and Duchess of Cambridge 2019年9月15日付Instagram「Wishing a very happy birthday to The Duke of Sussex today!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

【関連記事】

おすすめの記事