Yahoo! JAPAN

NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で話題の近藤芳正、SoloWork『ナイフ』が2年の延期を経て水戸芸術館で開幕

SPICE

近藤芳正SoloWork『ナイフ』

YouTubeドラマ『おやじキャンプ飯』、NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で話題沸騰中の近藤芳正と、劇団「☐字ック」主宰で脚本家、映画監督など、気鋭のクリエイターとして注目を集めている山田佳奈が、3年越しで取組んだ近藤芳正SoloWork『ナイフ』が、2022年1月21日(金)水戸芸術館・ACM劇場で開幕した。

本作は、重松清の原作の同名の小説の舞台化だが、全ての登場人物を60歳になった近藤が演じ分ける一人芝居。

近藤芳正SoloWork『ナイフ』 撮影:田中亜紀

近藤が息子の“いじめ”をめぐって葛藤する父親、その妻、その息子らをフィジカルコーチでムーブメントも担当した大石めぐみの指導で、瞬時に役柄を演じ分けている。

近藤芳正SoloWork『ナイフ』 撮影:田中亜紀

入念な稽古に加え、緻密で大胆な山田の演出も相まって、心理描写が続く原作を見事にビジュアル化。印象深い作品に昇華させた。近藤と山田の野心的な挑戦は、二人の代表作といえるような作品に仕上がった。

近藤芳正SoloWork『ナイフ』 撮影:田中亜紀

近藤芳正SoloWork『ナイフ』は、水戸芸術館ACM劇場を皮切りに、1月29日(土)30日(日)穂の国とよはし芸術劇場PLATアートスペース、2月4日(金)~6日(日)東京芸術劇場シアターイースト、2月11日(金・祝)兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール、2月13日(日)山口情報芸術センター〔YCAM〕スタジオAで上演される。

近藤芳正SoloWork『ナイフ』 撮影:田中亜紀

【関連記事】

おすすめの記事