Yahoo! JAPAN

星屑スキャット、約1年ぶりとなる新曲の発売が決定 クリスマスソングを配信リリース

SPICE

星屑スキャット

音楽ユニット・星屑スキャット(ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムー)が、新曲「クリスマス寒波」を12月10日に配信リリースすることが決定した。

2019年11月にリリースした『新宿EP』以来約1年ぶりの新曲となり、また2018年にリリースされた「Daughter’s Christmas」以来2作目の星屑スキャットのクリスマスソングとなる。

「クリスマス寒波」は、作詞と作曲をミッツ・マングローブ自身が手掛けた、3人のハーモニーが美しく響き渡るナンバー。昨年12月に行われたクリスマスディナーショーで初披露された。カップリングには、1986年にリリースされたうしろゆびさされ組の2枚目のシングル「バナナの涙」(作 詞:秋元康/作曲:後藤次利 アニメ『ハイスクール奇面組』のエンディングテーマ)のカバーを収録。星屑ス キャットはライブやテレビ出演の際にこの曲のカバーをたびたび披露していたが、今回リリースにあたりクリスマス・バージョンへとアレンジされているという。

星屑スキャット「クリスマス寒波」

また、12月24日に新宿・リーガロイヤルホテル東京で行われる星屑スキャットのクリスマスディナーショーの会場で、CDとして発売されることも決定した。このCDには「クリスマス寒波」と「バナナの涙」 に加え、「恋人がサンタクロース」(松任谷由実)のカバーが追加収録される。

なお、来年1月からは延期となっていた全国ツアーも再開される予定とのこと。

【関連記事】

おすすめの記事