Yahoo! JAPAN

『M.バタフライ』内野聖陽、岡本圭人が外交官と性別を偽った京劇スター女優に

エンタステージ

『M.バタフライ』内野聖陽、岡本圭人が外交官と性別を偽った京劇スター女優に

2022年6月から7月にかけて、東京・大阪・福岡・愛知にて『M(エム).バタフライ』の上演が決定した。本作は、文化大革命前夜の中国・北京で出会った駐在フランス人外交官と、性別を偽った京劇のスター女優であり毛沢東のスパイの恋と人間ドラマに、内野聖陽、岡本圭人らが挑む。

1960年代、文化大革命前夜の中国・北京で、駐在フランス人外交官のルネ・ガリマールは、社交の場でオペラ『蝶々夫人』を披露した京劇のスター女優ソン・リリンに出会う。「東洋人らしい」慎み深さと奥ゆかしい色香を湛えたソンに、瞬く間に魅了され恋に堕ちていくルネ。やがて心を通わせ、人目を忍びつつ男女の仲になっていくが・・・。その実、ソンは毛沢東のスパイであり、男だった――。

あるフランス人外交官が国家機密情報漏洩という大罪を犯すほど愛に溺れた相手は、性別を偽った中国のスパイだった。本作は、この驚愕のニュースに触れた劇作家・デイヴィット・ヘンリー・ファンがその事実をヒントに、オペラ『蝶々夫人』を劇中に取り入れながら創り上げた戯曲。

ブロードウェイで上演されると、京劇のもつエキゾチシズムや興味深い登場人物たち、そして、重層的な戯曲の構成が絶賛され、1988年トニー賞最優秀演劇賞を受賞。以降、世界30ヵ国以上で上演されてきた。日本では1990年に上演されて以来、32年ぶりの上演となる。

主人公ルネ・ガリマール役を演じるのは内野。物語では、投獄されたルネが観客に自身の「正しさ」を『蝶々夫人』と対比させながら観客に説いていくうちに、やがてその全貌が浮かび上がっていく。

そして、毛沢東のスパイでありながら、京劇女優に身分を偽るソン・リリン役を務めるのは岡本。性別も身分も、そして京劇女優の立ち振る舞いも表現することが求められる役で、新たな挑戦に挑む。

そして、ルネの妻ヘルガ役には朝海ひかる、ソンの監視役の共産党員チン同志役には占部房子、ガリマールの浮気相手役には藤谷理子、ルネの駐在中の上司トゥーロン役には三上市朗、ルネの幼馴染マルク役にはみのすけが決定。

演出は劇団チョコレートケーキの座付き演出家である日澤雄介が担当。歴史的・社会的なテーマを掲げた作品を手がけることを得意とする日澤が、生々しい人間ドラマ、愛の物語をどのように展開させていくのか、注目だ。

『M.バタフライ』は、6月24日(金)から7月10日(日)まで東京・新国立劇場 小劇場にて上演後、大阪・福岡・愛知を巡演する。チケットは、5月21日(土)10:00より一般発売開始。

なお、梅田芸術劇場ネット会員では有料会員を対象とした主催者先行が実施される(東京公演、大阪公演のみ)。詳細は梅田芸術劇場ネット会員HPにてご確認を。
※2022年3月9日(水)までの入会者が対象

コメント紹介

◆日澤雄介(演出)
あまりにも荒唐無稽な実話を、劇作のデイヴィット・ヘンリー・ファンは様々な事象を重層的に組み入れることによって、現在我々が拭い切れていない問題にまで昇華することに成功しました。
「蝶々夫人」が生きた国で『M.バタフライ』と向き合う事が我々の立ち位置を明確に照らし出してくれることを期待しています。
妥協を許さない内野聖陽さん、瑞々しい感性の岡本圭人さんをはじめ、個性豊かな職人肌の俳優が揃いました。
7名の俳優がどの様に化学反応を起こしていくか。俳優のぶつかり合いにご期待ください。

◆内野聖陽
実際に起こったセンセーショナルな事件。それを元にした全くのファンタジー作品です。僕はガリマールの中にある、一見特殊なものの中にある普遍性みたいなものを、いかに表現できるかを大切にしたいと思っています。
彼のメンタリティーを生々しく掘り起こしていくこと。まずはそこからだと思っています。
現実と虚像、男と女、裏切りと誠実さ、愛と幻想、などなど様々なテーマを投げかけてくれるとても素晴らしいエンターテイメント作品です。
素敵な役者さんたちといっぱいお稽古して、お客様を幻想の世界に誘えたらと今からワクワクしています!どうぞご期待ください!

◆岡本圭人
僕が『M.バタフライ』と出会ったのは、ニューヨークの演劇学校でした。「圭人は東洋と西洋の文化や演劇を肌で知っているから劇作家デイヴィット・ヘンリー・ファンの描くこの世界観を届ける力がある」と先生から勧められて勉強していたのが、ソン・リリンの役でした。今回、その役でオファーを頂けたことに驚いているのと同時に、ソン・リリンとの偶然の再会を心から嬉しく思っています。
とても挑戦的な役です。ですがその先に役者として、どう成長していけるのか?ソン・リリンとして彼の人生を舞台上で生き抜けた時にどのような景色が見えるのか?その答えを探るべく役作りに没頭していきます。
いつかご一緒したいと思っていた日澤さんが演出される舞台に参加できる喜び、そして尊敬する内野さんをはじめ素晴らしいキャストの皆様とご一緒できるご縁に感謝をして、この作品を皆様にお届けできる日まで、歩み続けていきたいと思います。

『M.バタフライ』“M. BUTTERFLY” By David Henry Hwang 公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2022年6月24日(金)~7月10日(日) 新国立劇場 小劇場
【大阪公演】2022年7月13日(水)~7月15日(金) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
【福岡公演】2022年7月23日(土)・7月24日(日) キャナルシティ劇場
【愛知公演】2022年7月30日(土)・7月31日(日) ウインクあいち 大ホール

スタッフ・キャスト

【出演】
ルネ・ガリマール(在中フランス人外交官):内野聖陽
ソン・リリン(京劇のスター女優に偽装した諜報員):岡本圭人
ヘルガ(ルネの妻):朝海ひかる
チン同志、他(ソンの監視役の共産党員):占部房子
ルネ(女)、他(ガリマールの不倫相手):藤谷理子
トゥーロン、他(在中フランス大使、ガリマールの上司):三上市朗
マルク、他(ガリマールの親友):みのすけ

【原作】デイヴィット・ヘンリー・ファン
【翻訳】吉田美枝
【演出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

【公式サイト】https://www.umegei.com/m-butterfly/


【関連記事】

おすすめの記事