Yahoo! JAPAN

モーニング娘。'24 コンサートツアー春MOTTO MORNING MUSUME。FINAL<オフィシャルレポート>

WWSチャンネル

モーニング娘。'24(※提供画像)

モーニング娘。’24が、5月27日に東京・日本武道館で単独ライブ「モーニング
娘。'24コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL」を開催
した。

9年にわたってグループのリーダーを務めていた譜久村聖が、昨年の秋ツアーを
もってグループを卒業。新たに生田衣梨奈がリーダーとなった新体制で臨んだ春
ツアーのファイナルとして行われた本公演。会場に約9000人のファンが訪れた
ほか、全国47都道府県の50以上の映画館でもライブビューイングを実施。
さらにはオンライン動画サービスHuluでもライブ配信されるなど、
全国13都市31公演を巡ったツアーのラストにふさわしい公演となった。

ライブ中には、新体制後初となる通算74枚目のシングル『なんだかセンチメン
タルな時の歌/最 KIYOU」(両A面)』を8月14日に発売することをサプライ
ズで告知。また、ライブ前日の夜に、今秋のツアーをもってグループから卒業す
ること発表したサブリーダーの石田亜佑美が「最後まで魂を燃やして駆け抜けま
す!」と、卒業への思いに触れる一幕もあった。

開演前の会場は、卒業を発表した石田のメンバーカラーである青一色に。ライブ
は『One・Two・Three(23 Ver.)』でスタートし、『Wake-up Call~目覚めるとき
~』『Happy birthday to Me!』『HEAVY GATE』とアップチューンなナンバーを
たたみかけ、ファンを自分たちの世界へ冒頭から引き込んでいく。

冒頭のMCでリーダーの生田が「日本武道館にお集まりのみなさん!こんばん
は」と挨拶したのち、石田が「たくさんの応援の声や、寂しいという声も届いて
います。本当にありがとうございます」と、自身の卒業発表に関しての周囲の反
応を告白。続けて「私はモーニング娘。の魂が大好き。卒業発表しましたが、今
日はツアーファイナルなので、モーニング娘。の魅力を皆さんにぶつけます。ど
うか最後までお楽しみください!」と力強く宣言し、ファンから大きな拍手が巻
き起こっていた。

さらにここで「皆さんのもっとに応えるべく、新曲を世界初披露したいと思い
ます!」と小田さくらがサプライズで発表すると、会場から再び大きな歓声が。
ファンからの声援を受ける中、8月発売予定の両A面シングルから『最 KIYOU』
を初披露する。

『最 KIYOU』は山﨑愛生と北川莉央のフェイクでスタートし、2人のフェイク
が会場を一気に新曲の世界へと引き込んでしまう。ほかにも、先日加入1周年
を迎えた17期メンバーの井上春華と弓桁朱琴のサビ前のパートや、野中美希と
横山玲奈によるラップなど、随所に聞きどころが散りばめられていた。

新曲披露のあとは『ギューされたいだけなのに』『私のなんにもわかっちゃない』
『青春小僧が泣いている』『KOKORO&KARADA』と最初のターンとは違う、
ミディアムナンバーの楽曲を披露。グループとしての楽曲の多彩さ、メンバーの
表現力の幅の広さでファンを魅了していく。

その後MCコーナーを挟み、懐かしいシングルやアルバム曲を歌うシャッフル
ユニットコーナーへ。生田、石田、野中による『恋は時に』でスタートすると、
今の季節にぴったりな『春 ビューティフル エブリデイ』を羽賀朱音と北川が優
しく歌い、岡村ほまれと山﨑は元気いっぱいに『彼と一緒にお店がしたい!』を

パフォーマンス。ほかにも『Style of my love』(小田・牧野真莉愛・弓桁)、『INDIGO
BLUE LOVE』(横山・櫻井梨央・井上)、『怪傑ポジティブ A』(生田・小田・羽
賀・横山・北川・井上)と、このツアーだけの魅力がギュッと詰まった時間が続
く。

また、石田、野中・牧野・岡村・山﨑・櫻井、弓桁が歌う『色っぽい じれった
い』では、冒頭の色っぽいセリフを牧野と櫻井が担当。2人の吐息まじりの声に、
会場からは大きな歓声が起こっていた。

その後は、モーニング娘。のライブには欠かせないメドレーへ突入。毎回、作り
込まれた曲間のつなぎや、ノンストップでパフォーマンスを続けるメンバーが話
題となるが、今回も怒涛のメドレーを展開。『SONGS』『Tokyoという片隅』『君
さえ居れば何も要らない(updated)』『Teenage Solution』『What is LOVE?(23
Ver.)』などを歌い、会場を埋め尽くしたファンを熱狂させ続けた。

メドレーの後は、ファンへ向けた感謝の気持ちとライブの感想をメンバーが
述べていく。

1年前の武道館公演でお披露目された17期メンバーの井上は、その際に客席か
らライブを見ていたことを振り返り「その時の感動が蘇ってきた。いつまでも初
心を忘れないように頑張りたい」とコメント。

櫻井と山﨑、岡村はツアーを振り返り、ファンへの感謝を口にする。「たくさん
の歓声に包まれてコンサートができたことが嬉しい」(櫻井)、「上を目指して頑
張ることを目標にツアーに取り組んできました。これからも成長できるように
がんばります」(山﨑)、「ライブのない平日はファンの方に会えなくて寂しかっ
た」(岡村)。

ライブ中に涙を流すファンを見たという北川は「楽曲の持つ力を実感しました」
と語り「これからも、その力を私たちが大きくして届けていきたい」と、さらな
る飛躍を誓う。横山は、声援をアラームにしたいとファンに懇願。「横山!と、
ちょっと強めに言ってください」と言い、ファンからの大声援に「毎日、いい目
覚めができそうです」と笑顔をみせていた。

羽賀は「私はモーニング娘。の曲が大好き。もっと上を目指して、いろんな人に
曲を伝えていきたい」と話し、同期の牧野は「6月2日、エスコフィールド北海
道で待っています!」と大好きな日本ハムファイターズで自身が行うファース
トピッチをPR。

野中は「素敵なコンサートありがとうございました」とファンへの感謝を口にし、
小田はライブ途中で体調不良になってしまった弓桁に触れ「あこちゃん(弓桁)
は皆さんに楽しんでいただくために頑張っていたので、赤いサイリウムはそのま
まにして楽しんでいってください」と弓桁のファンへ優しく語りかけていた。

石田は大量に汗をかいてしまい照れ笑いをみせるも「でも、こんなに本気になれ
るのがモーニング娘。ライブをしている時間が生きているなと思える」と達成感
にあふれた表情を見せ、最後を締めくくるリーダーの生田は「もっともっとみん
なにとって、今のモーニング娘。が続けばいいなっていうグループになればいい
なと思います」と、今のグループの体制に自信をのぞかせていた。

ラストスパートでは『Are you Happy?』『君の代わりは居やしない』『Password
is 0』というライブの定番ナンバーを歌い上げ、最後は『わがまま 気のまま 愛
のジョーク(23 Ver.)』。サビ部分のコール&レスポンスで、ファンの『愛された
い!』の大合唱が武道館に響き渡り本編は終了となった。

アンコール後は、先に披露した『最 KIYOU』の両A曲となる、つんく

作詞作
曲の『なんだかセンチメンタルな時の歌』でスタート。体調不良で途中退場して
いた弓桁も復活し、全員そろってのパフォーマンスを果たす。その後は『HOW
DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~』を披露したのち、再び
MCへ。

MCでは昨日卒業発表をした石田が、再び卒業に対する今の思いを語る。「私は
今日、もっとモーニング娘。が好きになってしまいました。モーニング娘。に
は長い歴史がありますが、どの時代にもその時ならではの素敵なところがある。
だから今も、今にしかないグループの魅力があると思っています。みんなで今を
積み重ねて、最後まで魂を燃やして駆け抜けますので、最後まで応援をよろしく
お願いします!」と感謝と決意を口にしていた。

ラストは『Be Alive』と『ここにいるぜぇ! (23 ver.)』を歌い、新体制で駆け抜け
た春ツアーを締めくくった。ツアータイトルの「MOTTO(もっと)」には、も
っとやれる、もっと上を目指すなど、現状で満足するなというメッセージが込め
られているという。まさに今回の武道館公演は、新体制のもと、もっと上を目指
すグループの今が感じられるライブとなっていた。

The post モーニング娘。'24 コンサートツアー春MOTTO MORNING MUSUME。FINAL<オフィシャルレポート> first appeared on WWSチャンネル.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 新学校給食センター 来月中旬から建設着工

    赤穂民報
  2. AKB48、研究生がバラエティを学ぶ育成型新TV番組スタート!【メンバーコメントあり】

    Pop’n’Roll
  3. 【宝塚記念コラボ】本命はアッ!と驚く伏兵馬 サンスポZBAT!競馬から穴党ベテラン記者が参戦【動画あり】

    SPAIA
  4. 【北海道の週末天気予報】今週末の天気はどうなる?/気象予報士執筆

    Sitakke
  5. 【京都】かき氷も人気!京野菜使用のヴィーガンフレンドリーなレストラン

    PrettyOnline
  6. アニメ『異世界スーサイド・スクワッド』放送直前! OP映像や第1話あらすじ&場面カット、追加ヴィランなど新情報が一挙解禁

    PASH! PLUS
  7. 【宝塚記念】AIは一強評価も2番手以降は混戦! 買い目は3連単30点を推奨で2週連続的中を狙う【動画あり】

    SPAIA
  8. 芥見下々『呪術廻戦』展コラボ企画『ヒカリエ事変』の全ぼうが明らかに 「渋谷事変」で対峙したキャラモチーフのメニューも登場

    SPICE
  9. 全量を特異な石灰岩系硬水で醸す金賞常連蔵 【帝松】松岡醸造‐埼玉県

    酒蔵プレス
  10. 【3時間しゃぶしゃぶ天国】これだけ豊富で3000円から!?しゃぶ葉の「宴会コース」のコスパが良すぎる…!【食べ飲み放題】

    ウレぴあ総研