Yahoo! JAPAN

懐かしい!?ママたちの“半ドン”の日のお昼ご飯を教えて!

ママスタセレクト

「半ドン」という言葉をご存知ですか? 「懐かしい!」と思うママと、ピンとこないママに分かれるかもしれませんね。平成14年度以降、公立の学校では完全学校週5日制が実施されていますが、それまでは土曜日も午前中だけ授業が行われていました。午前だけ授業を受け、午後は休み。昼食を食べずに帰宅する日のことを「半ドン」と呼んだりしていたのです。土曜日の学校帰り「今日のお昼ご飯、何かなぁ」と帰宅していたママもいるのではないでしょうか?
参考:文部科学省 学校週5日制に関するこれまでの経緯
参考:「半ドン」広辞苑第七版

半ドンの日、お昼ご飯の定番は何だった?


ママたちの掲示板であるママスタコミュニティには

『半ドンの日のお昼ご飯、何を食べていた?』


というトピックがありました。子どものころを懐かしむママたちが、定番メニューを教えてくれましたよ。

ごはんものなら……

『チャーハンやオムライスが多かったな! 母に「えー、またチャーハン?」て言ったら「じゃあ食べなくていい!」とよく怒られたよ』


『チャーハンのもとで作ってくれたチャーハンだったよ。炒め不足なのか、ごはんのかたまりがよく入っていた』


『カレーばっかりでした!』


『チャーハン、オムライス、ピラフ』


ママたちの声を集計したところ、ごはんもの部門の第1位は「チャーハン」でした! 圧勝です。余っているごはんと半端に残った野菜やハムやウインナーを使えば、冷蔵庫もスッキリしますね。
麺類なら……

『焼きそばとかスパゲティかな』


『うどん、ナポリタン、焼きそば。なんか懐かしくて泣きそう』


『スパゲッティが多かったよ。ナポリタンやたらこスパゲッティ』


『もやしたっぷりの焼きそば』


『母の勤め先のうどん屋で、うどんを食べさせてもらっていたよ』


『缶詰のミートソーススパゲティが定番でした!』


麺類部門での第1位は「焼きそば」でした! ママになった今、冷蔵庫に焼きそばの麺があると安心しませんか?
インスタント麺は土曜日ならでは?

『チキンラーメンに卵を入れたものが土曜日の定番!』


『ヤクルトラーメンかダブルラーメン。土曜日はインスタントラーメンの日だったよ。好きだったから全然苦じゃなかった!』


『野菜炒めを乗せたサッポロ一番味噌ラーメン! 懐かしいよー』


『志村けんのカップラーメン知ってる? 「土曜日に食べたいから、ケンちゃんラーメン買って!」と母にいつも言ってたな』


『中華三昧とうまかっちゃん率が高かったような気がする』


筆者も土曜日はインスタント麺が多かったような気がします。サッポロ一番しょうゆ味とヤクルトラーメンが好きでした。「普段インスタント麺はあまり食べないから、土曜日が嬉しかった」というママも。
夏はやっぱりコレ!

『夏はそうめんと冷やし中華だった!』


『そうめんとざる中華』


『乾麺のそばとうどんが多かったような』


『夏は毎週土曜日はそうめんの日だった。たまに平日の夕飯にもそうめんが出てきた。お中元でそうめんが多かったのかな?』


夏の定番、そうめん。母になった今だからこそ、そうめんが食卓に上がる頻度が高いのも理解できるのです。そうめんが続いたっていいじゃない。美味しいでしょ?
他にもあるぞ。半ドンメシ

『パン屋さんのパンに野菜スープとか作ってくれたな』


『土曜日は学校から帰ってくるとホットプレートが準備されているの。お好み焼きやたこ焼き、ホットケーキとかでワクワクした!』


『月に1度くらい、ファストフードのハンバーガー買ってきてくれて、母と食べるのが楽しみだった。ごめん、懐かしくてウルウルしてきた』


『北海道で育ったためか、時期によってはふかしたじゃがいもも多かったよ。じゃがバタにして、イカの塩辛を乗せて食べるの』


『出前が多かったような……。中華料理とかそば屋とかの』


普段とは違う、なんだか特別な日のようにも感じる「半ドン」。平日でも休日でもない不思議な日だったのでは?

両親が仕事で家にいない日の半ドン、どうしていた?


ご家庭によっては「土曜日は両親が仕事で不在だった」ということもあるでしょう。半ドンの日のお昼ご飯、どうしていましたか?
自分で作っていました!

『両親が働いていたから、半ドンの日は私が妹のぶんまでお昼ご飯を作っていました。ピザトーストとかインスタントラーメンを作ることが多かったです』


『自分でお餅を焼いて食べてたよ! 焼いたお餅をバター醤油で食べるの』


『カップ麺を作って食べてたな。懐かしい!』


両親が不在のなかキッチンに立つと、少しだけ大人になったような気分になりませんでしたか? 凝ったものは作れなくても、日常では味わえないワクワク感が味わえる日なのかもしれません。
準備しておいてくれたお昼ご飯を食べていました!

『チャーハンの作り置きを食べていたよ』


『おいなりさんとか焼きおにぎりが準備されていた。あとは買い置きの菓子パンとか』


『どんぶりにご飯、おかずはワンプレートにしてラップしておいてくれていた。学校から帰宅した妹と一緒にチンして食べた』


『お弁当を作っておいてくれていたな。足りなければ自分で目玉焼きやみそ汁を作って食べてた』


仕事の前に子どものお昼ご飯を準備しておいてくれたのでしょうね。母になった今だから思うのですが、温めるだけでごはんが食べられるのは本当にありがたいですよね。

半ドンの日はお父さんが作ってくれました!


子どもたちと同じように、お父さんも土曜日は午前中だけ働くこともあった時代。「土曜日はお父さんの作ったごはんだった」という声も寄せられます。

『半ドンといえば、親父の作るインスタントラーメンね!』


『父がアルミ容器に入ったうどんを作ってくれたりした。あとはインスタントの焼きそば』


『父の焼肉丼と親子丼が多かったな』


『土曜日は父親が作る日だった。学校から帰ってくるとチラシの裏に「本日のメニュー」と書かれた紙を渡されるの。オムライスとかラーメンとか書いてあって、好きなものを作ってくれた。今思えば母親が仕事で土曜日いなかったから、父親が頑張ってくれていたんだ。楽しませてくれてありがたかったな』


筆者も母が不在のとき、父が作ってくれたインスタントラーメンを食べていました。母は栄養面を考え、野菜をたっぷり入れて作ってくれるのですが、父は決まって具なしラーメン。ラーメンに乗せられた野菜も決して嫌いではないのです。しかし野菜とラーメンなら、ラーメンをたくさん食べたいと思っていた子ども時代。「麺だけを食べられるなんてラッキー!」と嬉しかったのを覚えています。

子どものころの半ドンメニュー。母となった今の「お休みの日のメニュー」となんだか似ていませんか? 子どものころの「土曜日といえばコレ!」という記憶が、今に活きているように感じます。あなたの半ドンのお昼ご飯は何でしたか?

文・吉岡可奈 編集・一ノ瀬奈津 イラスト・Ponko

【関連記事】

おすすめの記事