Yahoo! JAPAN

カットウ仕掛けで狙うフグ&カワハギ釣り 美味な両魚種キャッチで満足

TSURINEWS

カットウ仕掛けで釣ったカワハギ(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦)

朝晩冷えてきて、カワハギとフグのおいしい季節が到来。愛知県・南知多町片名漁港のおざき丸で、カットウ&カワハギ釣りに行ってきたのでレポートする。

カットウ&カワハギ釣り

11月2日、愛知県・南知多町片名漁港のおざき丸に、午前6時前に到着して、受付で「おはようございます。今日はよろしくお願いします」とあいさつ。氷をもらいクーラーに入れて、早速釣り支度を済ませて乗船。

当日の状況は、天気は晴れで北西風がやや強めで、6時半に出船。1時間ほど走ってポイントに到着。船長が「根掛かりに気をつけてください」とアナウンスする。

開始は私と釣友の川中さんで別々の仕掛けで、魚の反応を見ることにした。川中さんはカットウ釣りにアオヤギのエサでスタート。

私もカワハギ仕掛けで始めた。エサはアサリにバクバクソルトをかけて絞めると身が固くなり、ハリに付けやすくエサ持ちが良くなるので、エサを上手に食べていくカワハギでもアタリが取りやすくなる。

カワハギ仕掛け(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦)

カットウ釣りでフグ顔出し

開始早々に、川中さんがヒガンフグを釣った。私にもアタリ!次々にヒットするが外道のベラばかりで本命のカワハギのアタリがない。

するとカットウ釣りの川中さんがフグをポツリポツリと釣るではないか。周りの釣り人もカットウでフグをヒットさせている。これは、カットウの方がいいのか?さらにカットウの川中さんがカワハギを釣った。カワハギいるやん!

私には相変わらずベラ、そして根掛かりで仕掛けをロストしてしまった。なので、私もカットウ釣りの仕掛けに変更することにした。仕掛けを変更してすぐにショウサイフグとヒガンフグが釣れて、ちょっと安心した。

その後は、朝の時合いが過ぎてアタリはあるがハリに掛からない。

良型カワハギゲット!

船が場所移動して私はカワハギ仕掛けに戻して釣りすると、すぐにヒット!また、ベラか?ちょっと引きが違う気が…。上がったきたのは本命のカワハギだ。

このポイントにはカワハギがいるかもと、手返し良くすぐに仕掛けを海中に落とすと、アタリ!入れ食いでカワハギを立て続けにヒット!その後も、ベラ交じりではあるがカワハギが数匹釣れた。川中さんもカワハギを釣っている。

私に、おっ小さなアタリ。アワせるとゴンゴンゴンとよく引くけどベラのデカイのか?水面に上がってきたのはデカッ!良型のカワハギだ。肝がパンパンー!

驚くほど大きなカワハギをゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦)

残り時間も少なくなってきたが、その後はベラやヘダイやカサゴで締めくくり午後0時半に終了。

当日の最終釣果

当日の釣果は、私がカワハギ7匹とフグを3匹。川中さんはカワハギ6匹、フグ6匹だった。本命のカワハギとフグがまずまず釣れてとても楽しめた。

カワハギもフグも好調だった川中さん(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦)

おざき丸では、レンタルタックルやライフジャケットがあるので手ぶらで来ても、大丈夫。仕掛けやエサの販売もあるので、海上で仕掛けをロストしても買えるのはありがたい。

当日の釣果の一部(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦)

フグは毒があるため免許がないとさばけないので、帰港したらすぐに船長がさばいてくれる。そのため安心して食べられるのもありがたい。

カワハギは刺し身にして肝じょう油で食べたら、めっちゃおいしかった~。フグの唐揚げも最高!とてもおいしかった。

帰港してからのお茶とお菓子のサービスも最高だった。皆さんもぜひカットウ釣りやカワハギ釣りに行ってみては。

<週刊つりニュース中部版APC・渡邉 敦/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年11月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postカットウ仕掛けで狙うフグ&カワハギ釣り 美味な両魚種キャッチで満足first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事