Yahoo! JAPAN

『しつけが難しい』と言われている犬種5選

わんちゃんホンポ

「しつけが難しい」と言われている犬種5選

犬はそれぞれ個性や性質が異なりますが、犬種ごとの習性や性格的傾向は今も色濃く残っていることが多いです。今回は、一般的に「しつけが難しい」と言われている犬種を紹介するので、初心者の方は慎重に検討してください。

1.ビーグル

ビーグル犬は、スヌーピーのモデルとなった犬種として有名な犬種です。小型犬で可愛らしい見た目から人気の高い犬種ではありますが、元々は吠えて獲物を追い詰めて狩る狩猟犬だったこともあり、吠え癖に悩まされる飼い主は多いです。

また、甘えん坊でやんちゃな性格の子が多いため、留守番中に飼い主のいない寂しさからいたずらを繰り返す子も多く、初心者にはしつけが難しい、あるいは手に負えなくなると言われることもあります。

2.ジャックラッセルテリア

ジャックラッセルテリアも小型犬ですが、しつけの難しい犬種として有名です。現在でも狩猟犬としての修正や本能を色濃く受け継いでいる子が多く、吠え癖や噛みつき癖を直すのに苦労する飼い主が後を絶ちません。

また、狩猟犬の本能で動くものに反応し、追いかけてしまうという習性を持つため、道端で走り回る小さな子どもや車を衝動的に追いかけてしまう場面も見られます。

運動量も小型犬としては多く、大型犬並みの運動量が必要なので、運動を怠ると吠えたりいたずらをしたりと問題行動が目立つ傾向にあります。

3.シベリアンハスキー

一昔前に人気を博したシベリアンハスキーですが、しつけと共に室温の調節なども非常に難しい犬種です。暑さに弱いので夏は特に注意が必要です。

また、しつけに関しては人懐っこく甘えん坊で好奇心旺盛な性格の子が多く、とにかく容器で前向きな性格を持つ子が多いです。この性格が仇となることがあり、何度注意しても叱られた後はケロっと忘れてしまい、失敗やいたずらを繰り返すこともあります。

大型犬ということもあり、きちんとしつけを行わなければ飼い主がコントロールできなくなり、一時は飼育を諦め手放す飼い主が増え、問題となったこともあります。

4.秋田犬

現在、日本犬として海外で人気の高まっている秋田犬ですが、頑固で飼い主と認めていない人の言うことは聞かない性格を持つ子が多いと有名な犬種でもあります。

主従関係がしっかりできていなければ、悪さをしたり、噛みついたり、飼い主の指示を全く聞かなかったりと、多くの問題を抱える恐れがあります。言い換えると、しっかり主従関係を築きしつけを行えば、最高のパートナーとなる犬種でもあります。

しかし、初心者には最初のしつけや主従関係の築き方、その後のコントロールが難しいため、しつけが難しいと言えるでしょう。

5.ボーダーコリー

ボーダーコリーは犬の中でも最も賢い犬種と言われるほど、頭の良い犬種です。「賢いならしつけは簡単なのでは?」と思われるかもしれませんが、それはきちんとしつけができた場合の話です。

一度しつけがきちんと完了したボーダーコリーは、飼い主の指示をしっかり聞く良きパートナーとなりますが、しつけができていないボーダーコリーは、頭が良すぎるが故に、悪賢い犬となってしまう恐れがあります。

飼い主が予想していなかった問題行動を頻発したり、飼い主の行動を逐一観察し「こうすれば飼い主をコントロールできる」と学習してしまう子もいるほど賢いので、初心者には向いていません。

どの犬種でもしつけには根気強さが必要!

今回はしつけが難しいと言われている犬種を5犬種紹介しましたが、どの犬種でもしつけには根気強さが必要です。一般的にしつけがしやすいと言われている犬種であっても、飼い主がきちんと根気強くしつけをしなければ、トラブルが続出します。

反対に、今回紹介した犬種であっても、飼い主が根気強くしっかり向き合い、場合によってはドッグトレーニング教室に一緒に通い、コミュニケーションを深めることで飼い主の指示をよく聞く、最高のパートナーとなってくれる犬も多いです。

一般的にしつけが難しいと言われている犬種は、あくまで犬の扱いに慣れていない初心者や、根気強くしつけをするのが苦手と感じている人には向かないという1つの目安です。

ただ「この犬種を飼いたい」という理由だけで迎えるのではなく、その犬種の性格的傾向が性質を理解した上で、本当に自分がきちんとお世話をし、しつけを最後まで行えるかどうかを塾考しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。全ての犬は根気強くしつけをすることが求められます。しかし、今回紹介したような犬種は、一般的に他の犬種に比べてしつけが難しい傾向にあるため、検討している方は本当に自分が最後までお世話ができるのかどうかを再度考えてみてください。

【関連記事】

おすすめの記事