Yahoo! JAPAN

「収納する場所がない……」は間違い!整理収納コンサルタント直伝誰でも部屋が片付く“3つのコツ”

saita

「収納する場所がない……」は間違い!整理収納コンサルタント直伝誰でも部屋が片付く“3つのコツ”

片付けが苦手という方からよく「収納が少ないから、しまう場所がなくて」と いう声を聞きます。でもこの考え方が片付けがうまくいかない理由になっているんですよ。現場第一主義を掲げる、整理収納アドバイザーのおおのよりこさんは「大きすぎる収納はお悩みも多い」と言います。その理由は……

収納がある=ものが増えても大丈夫と勘違いする

片付けが苦手な人あるあるなんですが、部屋を片付けよう! と決意した次にやることが収納棚を買ったり、衣装ケースを買ったりして「収納」を増やそうとします。

この収納さえあれば片付くという理論、意外と怖いんですよ。

今回は「そこに置く場所があるから……」とばかりにいろんなものを詰め込みすぎてあふれ出る収納棚をお片付けしてみます。

収納スペースがたくさんあるとこうなる

リビングにある可動式収納棚。背も高く、使い勝手も良さそうです。でもこの片付けかたではどこに何があるかわかりませんよね。
しかもこんなに大きい収納があるのに、床置きのものもチラホラ……

リビングでこんなにインパクトがある収納棚がこの状態では、心も落ち着かないのではないでしょうか。

「明日やろう」「すこしずつやろう」では片付かないのが収納棚。ここまできたら、一気にキレイにすることで、そのあともずっとキレイを保ちましょう!

レッツ片付け!収納棚を片付けるなら、やることはこれだけ!

全部いっきにだしてしまってもいいのですが、できれば下記の順番がオススメです。

1:カテゴリーごとに出す(子どもグッズ、家族の衛生グッズ、お料理グッズ……などなど)

2:カテゴリーごとにまとめて出したら、使うものだけに絞りましょう。カテゴリーごとにしているので、総量が見える化でき「こんなに要らないな」などと手放す判断がつきますよ!

3:必要なものだけになったら、あとはカテゴリーごとにしまうだけ!

1人で黙々とやらずに2人で声を出しながら進めると早いですよ!

こんなにきれいになりました!

みてください、こんなに取り出しやすくてきれいになりました!

まだまだ収納が空いているので、そこにはお子さんの作品などを飾ってみてもいいかもしれませんね。

「我が家は片付かない」とさじを投げたくなってもあきらめないで!

ビフォーアフターを見て、少しは勇気が湧いてきたでしょうか。

このお片付けは3時間ほどで終わりました。ここがスッキリするだけでも、日々の探し物時間から解放され、リビングの雰囲気も一変しますよ。

片付けの極意は「モノの量と指定席(きまった片付け場所)」を見直してあげてくださいね!

 

おおのよりこ/整理収納コンサルタント

【関連記事】

おすすめの記事