Yahoo! JAPAN

橋欄干の「擬宝珠」盗まれる 真鍮製で被害80万円 伊賀市

伊賀タウン情報YOU

盗難発見後に撮影した「秋葉口橋」の欄干(右)と同サイズの擬宝珠=伊賀市提供

 5月18日午後3時30分ごろ、三重県伊賀市西高倉の広域農道で、秋葉口橋(全長12メートル)の欄干に設置した装飾の「擬宝珠」4個が無くなっているのに道路巡回中の市職員が気付いた。被害総額は約80万円で、伊賀署が盗難事件として捜査している。

 市の発表によると、盗まれた擬宝珠は大きさが直径約30センチ、高さ約35センチの真鍮(しんちゅう)製。今月12日の見回り時は異変に気付かなかったという。

【関連記事】

おすすめの記事