Yahoo! JAPAN

ウエンツ瑛士が生田斗真の恋人役に 舞台『てなもんや三文オペラ』オールキャスト発表 メインビジュアルも解禁

SPICE

『てなもんや三文オペラ』メインビジュアル

2022年6月8日(水)~6月30日(木)PARCO劇場にて上演が決定している、鄭義信作・演出、生田斗真主演による舞台、パルコ・プロデュース2022『てなもんや三文オペラ』のオールキャスト及びメインビジュアルが解禁となった。

本作の原作となる『三文オペラ』は、1928年に初演された差別と貧困・資本主義社会を痛烈に風刺した音楽劇の名作。これまでも様々な演出家・キャストによって上演されてきた『三文オペラ』だが、鄭が選んだ今作の設定は、1950年代の大阪。原作の舞台・ロンドンの貧民街は、第二次世界大戦で破壊された大阪砲兵工廠(現在の大阪城公園・森ノ宮地域にあった大規模な兵器工場)の跡地に置き換えられる。

このたび主人公である盗賊団のボス、マック(通称:マック・ザ・ナイフ)を演じる生田斗真をとりまく、個性あふれるキャストが決定した。

生田と対立関係にある「乞食の友商事」社長・ピーチャム役には、凶悪で狡猾な役柄からお人よしで生真面目な役まであらゆる役柄をこなすベテラン、渡辺いっけいと、その妻シーリア役には、映画『焼肉ドラゴン』や舞台『パーマ屋スミレ』でも鄭作品への参加経験があり、第20回読売演劇大賞優秀女優賞も受賞している根岸季衣

実はマックの古くからの盟友でありながら、ピーチャムに脅され、マックを逮捕しようとする警察署長のブラウン役には、硬軟自在に舞台・映像で活躍する福田転球

マックの昔なじみでありながら、ピーチャムにそそのかされてマックを裏切る”娼婦”のジェニーに、『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役が印象深いミュージカル俳優の福井晶一、ブラウンの娘でマックの子を身ごもっているルーシー役には、一度観たら忘れられないインパクトで幅広く活躍中の平田敦子が決定した。

『てなもんや三文オペラ』では、舞台を昭和30年代の大阪に移し大胆な翻案を試みるが、中でも特筆すべきなのが、原作では、ピーチャムの一人娘・ポリーという女優が演じる役を、一人息子・ポールという役に置き換えることだ。

そのポール役に、映画、舞台、テレビドラマ主演など本格的な俳優のキャリアを持ち、現在上演中のミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』で主人公の双子を演じるウエンツ瑛士が決定した。

生田演じるマックと対立する「乞食の友商事」の社長・ピーチャムの息子で、マックの恋人であり、結婚までするポールを、ウエンツ瑛士がどう演じるか注目だ。

生田とウエンツは、小学生のころNHK教育テレビ番組『天才てれびくん』で共演して以来の朋友。
ウエンツは「生田斗真とは、小学生の時から学校の友達とは別のかたちの絆がある。『てれび戦士パワーみせようぜ!』と連絡をもらい、喜びと同時に、彼の座長としての責任感を学び、少しでも彼の力になれるように、一緒に引っ張っていけるように頑張りたいという気持ちになりました。」と意気込みを語っている。

生田も「時を経て、大人になって、一人の俳優同士として再会できるのはうれしい。こんな未来って想像してしなかったなというドキドキ感もありますし、まさかの恋人役です(笑)。でも、古くからの友人でもありますし、遠慮なくぶつかっていけるんじゃないかなと思います。この舞台が上演されること、本当に本当に楽しみに、この日を心待ちにしていました。」と、お互いに気合は十分だ。

また、公開されたメインビジュアルは、戦後の混沌とした世界の中でもたくましく、あつかましく、エネルギッシュに生きていた人たちをイメージし、ギラギラと濃い仕上がりになっている。本番の衣裳や舞台セットはどのようになるのか、期待が高まる。

【関連記事】

おすすめの記事