Yahoo! JAPAN

初心者でもできる【釣りにおけるPDCA】 意識すれば上達速度アップ?

TSURINEWS

釣りでも重要な「PDCAサイクル」(提供:TSURINEWSライター筑井直樹)

「PDCAサイクル」という言葉を聞いたことがあるだろうか?釣りと何の関係があるのか?と思われるかもしれないが、実は多くの釣り人が無意識に実践しているはずだ。今回はそれを解説してみたい。

釣りでの「PDCA」

PはPlan(計画)、DはDo(実行)、CはCheck(評価)、AはAction(改善)の略だ。経済や教育の分野では一般的で「P→D→C→A」の4段階を順に繰り返す、回すことによって業務を継続的に改善する方法だ。

何やら難しそうな話になってしまったが、我慢して耳を傾けてほしい。魚種や釣法、淡水、海水を問わず読者の皆様も「そう言われてみれば自分もやっていた」と思うはずだ。渓流釣り専門の筆者は「釣りがうまくなるためにはどうしたらいいのか」と考えていたところ、ふと気づいた。「初心者でもPDCAサイクルを意識すれば上達するのではないか」と。

それでは早速、各段階について解説してみよう。

Plan:計画作りと目標設定

文字通り「計画づくり」のことだが、「目標の設定」と解説されることも多い。「今週末はAさんと○○川で、新しく入手した毛バリでイワナを釣ろう」といった感じだ。持ち物から始まって、現地への交通手段や携帯する食料、気象情報の収集なども含めて準備することが、計画づくりだ。

「なーんだ。そんなの当たり前だ」と思われだろう。その通り。誰もが無意識のうちにPDCAサイクルを始めているのである。そのうえで初心者であれば、ここに「まず1匹釣る」という数値目標を設定したい。「たくさん釣りたい」と欲張る必要は無い。釣行の準備、計画作りに加え「1匹」という目標を設定することから、初心者でもPDCAサイクルの次の段階、Dに進めるのだ。

まずは計画づくりからスタート(提供:TSURINEWSライター筑井直樹)

Do:試行する

これはPlanで立案した計画・目標を「実行」に移すことだ。「釣りに行くのだから当たり前」なのだが、PDCAのDには「試行」という意味も含まれていると解説しているビジネス書もある。計画した渓流に行っても、想定より水量や気温といった環境が異なるのはよくあることだ。そこで、サオや仕掛けを交換することもあるだろう。普段ならキャストしないようなポイントを探ることもある。これが「試行」なのだ。

その結果、1匹でも釣れれば目標に到達できたことになり、次に進めるのではないだろうか。釣れなければ別のシステムを試みてもよい。試行錯誤を繰り返す。欲張ったり、焦ったりしない。釣れなかったとしても、それはそれで今後の教訓にすればいいだけだ。

出遭えるだけで幸運だが……(提供:TSURINEWSライター筑井直樹)

Check:釣果、ポイントを撮影

さてCheckに進もう。今回の釣行についての「評価」である。釣りの最中でも、計画通りかどうか点検してみる。筆者はヒットした場合は可能な限りそのサカナを撮影し、サイズなども記録している。気温や水温を重要だろう。

ふつうは、「このポイントなら釣れるだろう」と期待して流す。むやみにキャストするわけではないにしても、「まさかここにはいないだろう」と思ったところで釣れる場合もある。とくに「まさか」というポイントは必ず撮影するようにしている。それが評価であり、次のAとも密接につながる行動だと考えているからだ。

尺イワナが潜んでいた岩陰(提供:TSURINEWSライター筑井直樹)

Action:振り返る

さて、最後のActionだ。「改善」するという意味だが、手っ取り早いのは撮影した写真を整理し、ヒットした仕掛けやポイントを振り返ることだと思う。釣果がゼロのこともある。その場合はなぜダメだったのか検証する。

「横着せずに別の毛バリを使えばよかったのではないか」「もっと丹念にポイントを探ればよかったのではないか」と次回に向けて改善する。それが最初の段階であるPにつながり、それを順に繰り返すことが「PDCAサイクルを回す」ということなのだ。

どうだろう、これは渓流釣りに限った話ではなく、磯釣りでも沖釣りでも読者諸兄は期せずして意識していることではないだろうか。とくに初心者こそ、めげてはならないのだ。

振り返って次の計画に盛り込もう(提供:TSURINEWSライター筑井直樹)

生態系サイクルも回そう

気候変動や環境破壊で資源量が減少する一方、道具の進歩により、より簡単にサカナが釣れるようになったといわれる。釣りの上達を目指すPDCAサイクルとは矛盾するかもしれないが、だからこそ、むやみやたらに釣ることは慎みたい。

先日もルアー釣りの聖地・世界遺産小笠原で草木を違法伐採した男が摘発された。ゴミや釣り糸の放置、タバコのポイ捨てなどは論外だ。生態系のサイクルが途切れてしまえば、回復には途方もない時間がかかる。PDCAサイクルを回すと同時に生態系のサイクルも回す。それが自然を楽しむ釣り人の務めではないだろうか。

希少なオショロコマ(提供:TSURINEWSライター筑井直樹)

<筑井直樹/TSURINEWSライター>

The post初心者でもできる【釣りにおけるPDCA】 意識すれば上達速度アップ?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <彼氏の母親は重い?>息子の彼女にプレゼントを贈りたい!ママとして出しゃばりすぎ?

    ママスタセレクト
  2. クラブを身体で動かす感覚が身に付く左手打ちドリルとは!?【板橋繁の世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実/ゴルフ】

    ラブすぽ
  3. 普通の照り焼きチキンがもっとおいしくなる「煮込むときに入れる調味料」とは

    saita
  4. 廃棄ロスに待ったをかける「ロスパン」。注文から開封、実食までを詳細レポート

    東京バーゲンマニア
  5. いつも友達を誘うのは私から。“誘われるひと”になるにはどうしたらいい…?<ガンバラナイ人生相談>

    saita
  6. 泉南エリア投げ釣りで18cm頭にキス15匹 水温次第で好機突入か

    TSURINEWS
  7. 瀬戸内海ボートゲームにおける【バイブレーションルアーの有効性】

    TSURINEWS
  8. 爽やかな白ワンピは「重ね着&デニム」でオシャレ感UP/Today’s merSNAP

    mer
  9. 「仕事でプレゼンする前日は、心配で朝まで眠れない」 緊張しやすい50代男性はTikTokでダンスを披露すればいい!?

    Jタウンネット
  10. 初めてママ同士で気持ちを楽に 麻生市民館で全5回のプログラム〈川崎市麻生区〉

    タウンニュース