Yahoo! JAPAN

地元保存会ら相模凧揚げ会 大凧舞った“2年分”乗せ〈横浜市泉区〉

タウンニュース

風を受け舞い上がる大凧。安定して揚がるように糸の数などを調整してチャンレンジした

相模凧いずみ保存会による「いずみ相模凧揚げ会」が5月5日、天王森泉公園そばの畑を会場に行われ、3m四方の大凧が空を舞った。観客らは大空を舞う凧を見上げ、「いい節句になった」と喜んだ。

相模凧は、泉区では400年の歴史があるとされる伝統文化。端午の節句となる5月5日、子どもの健やかな成長と五穀豊穣を願って揚げられていたものだ。

凧は竹の骨組みに和紙を貼ったもので、同保存会による手作り。毎年新しいものを制作しており、今年は「昔にかえろう」と、35年前に先人たちが作った太陽と波を描いた「旭光」というデザインを模した。

凧揚げ会は、一昨年がコロナで、昨年は強風により中止となっており3年ぶり。当日、事前に揚げた小さい凧やこいのぼり型の凧は無事に飛翔。岡津太鼓の演奏が盛り上げる中、3m大の大凧は1回目こそあがりきらなかったものの、2回、3回と高度と飛翔時間を伸ばし、同会会員らが「いい風」とした4回目には200m前後の高さまで上昇した。

風を受け、ビィーンとうなりを上げる凧を見ていた女性は「こんなに高いのは久しぶり。今年はいい節句になった」と笑顔。会員は「大成功」と微笑み、安堵の表情を浮かべていた。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. HY、新曲「キラリ」を配信リリース ローソン『涼感スイーツ』とのコラボMVが公開

    SPICE
  2. はんにゃ・川島の妻、三瓶が娘のために大量に買ってきてくれたもの「わざわざコンビニを回って」

    Ameba News
  3. 2000年代アニメソングコンピレーションアルバム『オールスター・アニソン・ベスト』発売決定

    SPICE
  4. 【6月28日プロ野球公示】ソフトバンクが高橋礼を抹消

    SPAIA
  5. チュニジアのミラス5th作はメジャー感を増しつつエスニックさも強めた『SHEHILI』

    YOUNG GUITAR
  6. ハイヒール・モモコ、ハワイに行って良かったと思った理由「仕事がいくつか来ました」

    Ameba News
  7. 阪神 青木駅から徒歩10分のところに『「コーヒー」と「ソフトクリーム」と「ガチャガチャ」のお店』ができてる

    神戸ジャーナル
  8. 小倉優子、バッサリとヘアカットした姿を公開「可愛すぎる」「お人形さんみたい」の声

    Ameba News
  9. 幾重に重なる紙の幾何学模様 彫刻切り絵作家・輿石孝志が伝える「新世界」

    おたくま経済新聞
  10. 原因不明の腰痛は不良姿勢のせいかも。高齢者でも行える姿勢改善トレーニングを紹介

    「みんなの介護」ニュース