Yahoo! JAPAN

20年ぶりのオーバーホールでクリアな音色に カトリック高田教会のパイプオルガン

上越妙高タウン情報

上越市西城町2丁目のカトリック高田教会で、パイプオルガンを分解・清掃し、組み立てなおす20年ぶりのオーバーホールが終わり、20日、コンサートが開かれました。参加者はクリアになった音色に耳を傾けました。

カトリック高田教会のパイプオルガンは、20年ほど前、当時の主任司祭だったマリオ・カンドゥチ神父がイタリアから譲り受けたものです。

毎年、メンテナンスは行われてきたものの、ちりやほこりがたまっていました。こうした中、聖堂では床の張替工事を行なうことになり、合わせてパイプオルガンを分解・清掃し、組み立て直すオーバーホールがことしの夏、20日間かけて行われました。オルガンが聖堂に設置されてからは初めてです。

ことし7月のオーバーホール

オーバーホールが終わってから初めてのコンサートが開かれ、「りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館」専属のオルガニストとして14年間活躍した山本真希さんがバッハなどの曲、8曲を演奏しました。山本さんは10年以上前から年に1回、この聖堂のオルガンで演奏しています。

オルガニスト 山本真希さん
「以前より音色がクリアになり、美しくなった。だいぶ違います」

この日は市民50人のほか、オーバーホールを担当した西岡誠一さんも演奏を見守り、オルガンの音色に耳を傾けていました。

参加者
「10年以上、このオルガンの音を聞いてきたが、どことなくスッキリと優しい音色になった」「素晴らしい楽器。マリオさんのおかげです」

伊能 哲大 主任司祭
「オルガンは祈りを豊かにするもの。教会には素晴らしい芸術があることを提供していきたい」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ファミマ限定 SNSで話題のチーズケーキ「にゃんともおいしいチーズケーキ」が5月17日より再登場

    おたくま経済新聞
  2. 伊﨑央登主演で、劇団TEAM-ODACが小説「破天荒フェニックス」を舞台化 

    SPICE
  3. 騒動の舞台、山口県阿武町はどんな地か_騒ぎとは対照的にのんびりうららか居心地いいところいっぱい

    鉄道チャンネル
  4. 高橋一生の“足りない点”「目が笑ってない」

    フジテレビュー!!
  5. 【オークス】アートハウスにGⅠ級の能力あり! 東大・京大の見解は?【動画あり】

    SPAIA
  6. 追浜サンビーチ前 三浦半島の「旨い」が集合 15の市と大収穫祭〈横須賀市〉

    タウンニュース
  7. 工作・体験楽しむ 「ぱうわう」に約150人来場〈川崎市麻生区〉

    タウンニュース
  8. 森山直太朗ら実力派シンガーが集結 『母に感謝のコンサート』初の東京公演を振り返る

    SPICE
  9. 「10代らしさ、大人たちの青春にドキドキ」~舞台『晴れときどき、わかば荘 あらあら』小林竜之×佐藤祐吾インタビュー

    SPICE
  10. 舞台『室温』主演の古川雄輝、役を死なせないためにかかえる俳優としての苦しみ「自分にとってこの仕事は楽しさが2割くらい」

    SPICE