Yahoo! JAPAN

【連休中に読みたい】ディズニー・アニメーションの歴史に「隠された」女性たちの物語

ウレぴあ総研

「アニメーションの女王たち ディズニーの世界を変えた女性たちの知られざる物語」が発売中。

ディズニー・アニメーションの歴史を、知られざる女性アーティストたちの視点を通して辿る一冊をレビュー。

ディズニーが追い求める「多様性」の歴史

ディズニーパークではキャストの行動基準「SCSE」が定められています。

「SCSE」とは、安全(Safety)を最優先に、礼儀正しさ(Courtesy)、ショー(Show)、効率(Efficiency)と、キャストが優先して行動すべき基準を定めたものです。

65年前から定められていた行動基準に、新たに「多様性」(Inclusion)が加わることが発表されました。

ディズニーは今までに増して多様性を重要視しています。

では、ディズニーの歴史において多様性はどのように確立されてきたのでしょうか。

これは、女性という視点からディズニー・アニメーションの変遷を追った濃密な歴史書です。

“セルロイドの天井”を突き破った女性たちの物語

本書では、最初の長編アニメーション『白雪姫』から、『アナと雪の女王』までをつぶさに見ていきます。

『白雪姫』が製作されていたような、アニメーションの初期時代、女性の役職は主に彩色担当でした。

セルアニメーションにおいて、セルに色を塗る仕事を主に女性が担っていました。

これは、よく語られていた歴史です。

しかし、それはストーリーや原画部門に女性がいないことを示しているものであり、その部門にもごく僅かに女性がいたことが、彼女たちの歴史として語られます。

他のスタジオに比べれば比較的女性を登用していたと言われるディズニー・スタジオ、そしてウォルト本人でさえ女性への偏見を隠せない時代に、ただ1人ストーリー部門に入った女性ビアンカ・マジョーリー、そして翌年入社したグレイス・ハンティントン。

ガラスの天井ならぬ“セルロイドの天井”を突き破った彼女たちの物語です。

『白雪姫』『シンデレラ』などディズニーを支えた初期のディズニープリンセスの成り立ちに、女性たちの存在がどれだけ重要だったかが伝わってきます。

「隠された」人々

著者がディズニー・アニメーションにおける女性の歴史に興味を持ったきっかけとして語られるのが、映画のクレジットに並ぶ名前が男性ばかりということでした。

女性というだけで賃金や待遇が下げられ、名を残すことすら許されない、まさに「隠された」存在だったかが、彼女たちの人生と共に描かれます。

シンデレラやティンカー・ベルを描き、ナイン・オールド・メンの一員として知られるマーク・デイヴィスですら、書類で女性と誤解されたために一時は不採用となったという事実からは、女性の待遇の低さが決して女性が能力が低かったという理由ではないことがわかります。

タイトルは「女性」を扱った作品ですが、「多様性」は女性だけに限りません。

本書では、黒人やアジア人、真珠湾攻撃後の日系人というマイノリティにも焦点を当てます。

女性よりも登用が遅かった黒人アーティストの歴史、そして『南部の唄』がいかにして作られ、黒人蔑視の作品になってしまったのかもしっかりと示されています。

メアリー・ブレアの優しいデザインの影にある人生

様々な女性の物語が語られる中で、最も有名な女性は、メアリー・ブレアでしょう。

本書でも、様々な女性の中で最もウォルトに気に入られたと言える才能の持ち主として多くのページを割かれています。

メアリー・ブレアは、『シンデレラ』や『ふしぎの国のアリス』のコンセプトアーティストとして知られ、パークでは「イッツ・ア・スモールワールド」のデザインを担当した女性。

日本では「メアリー・ブレア展」が開催されるなど、特に彼女の人気は高く知られています。

本書では、そんな彼女の功績だけでなく人生にもスポットを当てています。

ディズニーに入った経緯、作品に大きな影響を残すアートが生まれる過程、パークのデザインを手がけた晩年、そして彼女の優しいデザインの影にある壮絶な人生も明かされます。

そして、男性優位のディズニー・アニメーションの歴史を明らかにするだけでなく、そこに参加しながらも行動しなかった彼女たちの姿勢すら浮かび上がらせます。

ディズニー史に必須の視点をもたらす良書

『白雪姫』から、『眠れる森の美女』まで、ウォルト時代の長編アニメーションを1作品ずつ詳細に製作過程が明かされていきます。

これまで、ウォルトの視点から語られることが多かった初期ディズニー・アニメーション史を、女性アーティストという視点から見つめることで、また新たな歴史の姿が浮かび上がってきます。

ウォルトの死後は重要作品だけの紹介に留まりますが、『リトル・マーメイド』や『美女と野獣』、『ムーラン』、さらにピクサーとの関わりも見ながら、『アナと雪の女王』まで巡ります。

女性アーティストという視点を通して、ディズニー・アニメーションの歴史を俯瞰する、これまでにないディズニー・アニメーション歴史書としての価値もあります。

これはディズニー・アニメーションの歴史に女性やマイノリティの存在が不可欠であり、これまでの女性アーティストの存在に欠けた歴史は不完全だったことを示しています。

多様性を追求するこれからのディズニーの姿を追う上で知っておきたいディズニーの歴史が詰まった、必読の一冊です。

アニメーションの女王たち
ディズニーの世界を変えた女性たちの知られざる物語
ナサリア・ホルト=著|石原薫=訳
発売日:2021年02月26日
456頁
定価:2600円+税

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/林田 周也)

【関連記事】

おすすめの記事