Yahoo! JAPAN

アカムツジギングで初挑戦者含め全員安打達成 ジグ動かすと釣れない?

TSURINEWS

初挑戦の釣友もアカムツをキャッチ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

前回に引き続き、平潟港発の遊漁船・長孝丸さんでアカムツ釣行に行ってきました。今回のアカムツジギングの釣れるキモはなんだったのか?考えてみたいと思います。

長孝丸でアカムツジギング

10月10日、アカムツジギング釣行へ。船宿は前回もお世話になった平潟港の長孝丸さんです。

午前4時前に港を出港。長めの波長のウネリが時折入る状況。アカムツポイントに到着してもウネリがあり、少し釣り難い状況ですが釣りスタートです。

朝からエサ釣りは好発進でしたが、ジギングは食わず。その後、9時を回ったころからジグへのアカムツの反応がよくなりました。

アカムツ全員安打

しかし、私はアカムツを掛けてもことごとくバラしてしまいます。アカムツ初挑戦の友人はなんなくキャッチに成功してくれたおかげで肩の荷がおりましたので、あとは私が釣れば全員安打となります。

結果はなんとか一本キャッチに成功してボウズを逃れました。10時には風も落ち着き、凪もよくなり楽しい釣行となりました。

私もキャッチ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

当日のパターン

朝は潮流れが悪かったのか?ジグへの反応はよくありませんでした。中乗りの若船長が釣り方を見せてくれましたが、どうやらジグはあまり動かさない方がマッチしているような印象の釣り方です。

ジグ着底からピックアップし、こまめにリールのクラッチをフリーにして、ウネリの中でもボトムから1mをひたすらキープしながらジグを踊らせるような誘い方です。決してジグは横に飛んではいないように見受けました。

アカムツにはありがちな釣り方ですが、一般的なジギングをイメージできる慣れたアングラーほど、ああいったジャークの仕方では、誰しもが釣れないと思うに違いありません。ジャークというよりはジグの重さでロッドティップを曲げて、その反発でジグを踊らせるような釣り方です。

私の見た目では、決してジグは飛んでないし、横になってユラユラとフォールしてるようには見えませんでした。ジグが立ったまま、上下に動いている感じです。

この動作を船の上下に合わせて、ラインを出したり、巻いたりしながら、ボトムから1mをキープしているとアカムツがモターっと乗ってくる感じの釣れ方でした。

この釣り方で若船長は本命を数本キャッチに成功。まさしく目から鱗の釣り方です。青物ジギングをやるアングラーならまずやらない釣りでしょう。

水中でのジグアクション

ジグを上下させるだけの釣り方ですので、これをジギングと言っていいのか?とさえ考えさせられる釣り方です。水中のイメージはボトム1mあたりをユラユラとジグが立ったまま上下しているに過ぎないアクションだったと思います。

それでも、この釣り方でアカムツが釣れるのですから、この釣り方が正解と言わざるを得ないと思います。アカムツには、このようなジグの動きがどのように見えているのか?とても不思議な気がします。

一般の青物ジギングアングラーが想像するような、ジグが横になってヒラヒラとフォールする際にアタることももちろんありますが、実はアカムツジギングでの1番の釣れ方はこんなパターンでのヒットが多いのが事実だと思います。

なかなか結果が出ないアカムツ釣りだけに集中して、この釣りをやり続けるのは自信がなくてはできないことです。当日のヒットパターンは間違いなく、この釣り方がマッチしていました。

ゲストにアンコウ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

先入観が邪魔になることも

アカムツ初挑戦の友人も同様の釣り方でアカムツをゲットしていましたので、やはり釣り方は合っていたと考えます。大きくジグを飛ばして、ヒラヒラと落とすのがいい場面もありますが、この日の釣りのように動かしすぎないことも大切なアカムツ攻略法なのだと考えます。

人間が考えるジギングのバイトシーンはいつでも、どの魚種にでも通用する訳ではないことを知っておくことも大切ですね。アカムツジギングを体験するなら、初心者の方が変な先入観を持たずに釣りをしますのでチャンスをものにすることもよくあります。人間から見た釣れるであろうジグアクションは、アカムツから見たら余計なお世話で、ジグを食べにくくしているのかもしれませんね。

<堀籠賢志/TSURINEWSライター>

The postアカムツジギングで初挑戦者含め全員安打達成 ジグ動かすと釣れない?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事