Yahoo! JAPAN

高齢者の貧血の症状と、その原因とは?貧血対策レシピも

ボブとアンジーのレシピ

ボブとアンジー(R)

貧血を予防するには何を食べてよいかわからない、しっかり予防対策をしているのに貧血と言われてしまう、など悩まれていませんか?

貧血対策に必要な栄養素をしっかり食事に取り入れていく必要があります。しかし高齢になると食事量が落ちることがあり、摂取が難しい場合もありますよね。
そこで今回は、高齢者が栄養素を取り入れやすい食事法をお伝えします。

高齢者の貧血の症状と、その原因とは?

貧血の中で最も多いものは鉄欠乏貧血です。これは、血液中の赤血球に含まれているヘモグロビンというタンパク質が不足することで起こります。
このヘモグロビンの材料になるのが鉄です。ヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ働きがあるため、不足すると体が酸欠状態になり、めまいや息切れ、だるさなどの症状が現れます。

高齢者の場合、日常の生活動作がゆっくりなため、このような症状に気づきにくいことがあります。 高齢者でもわかりやすい症状としては、主に以下5点などの症状がある場合です。

●休まないと5分以上歩けない
●運動するのがつらい
●顔色が悪いと人に言われる
●唇の隅が切れる
●朝起きにくい

鉄欠乏貧血の原因は、食事からの鉄の摂取不足が一般的です。しかし高齢者の場合は食事からの摂取不足以外にも、消化管機能の低下、消化管手術後の鉄吸収機能の低下、消化管潰瘍や痔からの出血、血尿などが原因の場合があります。
また、貧血は鉄欠乏貧血以外に、赤血球の生成に必要なビタミンB12や葉酸が不足した巨赤芽球性貧血の場合もあります。

貧血対策レシピ【鶏レバー団子のトマト煮込み】

●1人分:144Kcal
レバーは鉄、ビタミンB12、葉酸が豊富。トマトの酸味と煮汁で食べやすいメニューです。

鶏レバー団子のトマト煮込み / ボブとアンジー(R)

■材料(4人分)
・鶏レバー...250g
・酒...適量
・しょうが(おろし)...小さじ1
・玉ねぎ(おろし)...大さじ2
・マヨネーズ...大さじ1
・塩...少々
・オリーブ油...大さじ1
・にんにく(おろし)...小さじ1/2
(トマトソース用)
 ・ホールトマト...1/2缶(200g)
 ・オイスターソース...大さじ1/2
 ・しょうゆ...小さじ1/2
 ・砂糖...小さじ1/2
 ・塩...少々
 ・パセリ...少々

(1) 鶏レバーはひと口サイズに切り、もむように水洗いして血のかたまりを洗い流します。ボウルにレバー、おろししょうがと、酒をひたひたになるまで加えて30分~1時間程度漬けこみ、血抜きをします。

(2) 沸いたお湯にレバーを取り出して加え、再沸騰したら水に取り、水を流しながらきれいに洗います。

(3) お湯を中火で沸かし、レバーを入れてもう一度沸いてから、極弱火で7分煮て粗熱が取れてから取り出します。

(4) レバーを細かく刻み、ボウルに入れ、玉ねぎ、マヨネーズ、片栗粉、塩を加えてよく練り、8個の団子にします。

(5) フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて熱し、香りが出たら強火で団子の表面だけに焦げ目が少しつくように転がしながら焼きます。やわらかくて形がくずれやすいので、ハンバーグのように表裏を焼くだけでもかまいません。きれいな丸にしたい場合は揚げるとよいでしょう。

(6) ホールトマトを手でくずしながら加え、残りの調味料も加えます。

(7) 時々ゆすり混ぜながら3分ほど中火で煮込み、パセリを加えてサッと混ぜ合わせます。

(※参考 中村丁次、川島由起子、外山健二2020年「臨床栄養学(改訂第3版)」南江堂 / 飯田薫子、寺本あい2020年「一生役立つ きちんとわかる栄養学」西東社 / 公益財団法人 長寿科学振興財団 健康長寿ネット「貧血」 https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/rounensei/hinketsu.html )

※当コラムは、ご利用者の健康状態や医療の必要性に言及したものではありません。また、当社は、情報自身について、その内容の真偽、適格性、正確性について保証や責任を負うものではありません。

【関連記事】

おすすめの記事