Yahoo! JAPAN

川島海荷、「たまにドキッとするのはいいです」夫・中田圭祐のバックハグで急接近! 『私たち結婚しました 3』第3話放送

Pop’n’Roll

(C)AbemaTV, Inc.

川島海荷と中田圭祐が出演するABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました 3』第3話が、6月17日(金)23:00より放送された。

同番組は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された『私たち結婚しました』を日本版にリメイクした結婚モキュメンタリー番組。今シーズンでは、佐野岳と島崎遥香のペア、中田圭祐と川島海荷のペアの2組が結婚生活を送る。MCは千鳥のノブと三浦翔平、シーズンゲストとして高橋みなみが出演する。

第3話にて、新居に必要なものを買うために家電量販店へ向かった中田圭祐と川島海荷夫婦。中田は、“ペアで使えるものをこっそりプレゼント”という自分だけのラブミッションのもと、川島へのプレゼントを1人で探すことに。“海ちゃんぽいやつ……”とつぶやきながら選んだのは、お揃いのお箸。さらに、2人が揃って“すごい!”と一目ぼれした流しそうめん器も購入した。

帰宅して夕食の準備に入る前に、早速ビールを片手に夫婦で初めての乾杯。協力して準備を進めていると、機器を準備している中で手順を間違え、水が噴き出してしまうハプニングに遭遇。焦る中田に、川島は“こっちから見たら芸術的な感じだったよ”と水の様子を例えながら励ましの言葉をかけた。それを聞いた中田が“うん、なんかパリみたいだった”と肯定すると、スタジオのノブは“パリのどこやねん”とすかさずツッコみを入れる場面も。無事食事を始めたかと思うと、中田は、流しそうめんを入れる場所を間違えたり、食事前にサプライズする予定だったお箸のことを忘れるなどの天然ぶりを発揮した。

さらに“夫婦でにらめっこ対決”というラブミッションのもと、お互い見つめ合って変顔をする一幕も。すぐに吹き出して笑ってしまう川島と、“めっちゃいいね”と川島の表情を褒めながら勝負の負けを認めた中田。笑いの絶えない夕食の時間を過ごした。

夕食後には、夜の散歩に出かけることに。公園で2人が見つけたラブミッションには“にらめっこに負けた人が、バックハグしながら相手の好きなところを3つ教えてください”というお題が書かれていた。中田が川島をバックハグして包み込み、素直な気持ちを告白。“1つ目は笑顔が可愛いところ。2つ目は安心感があるところ”と真面目に言葉を紡いでいく中田。そして“3つめは照れ屋なところ。たまに「きゃー」という感じになっているところが、すごく愛おしいなと思った”と語ると、川島は“え~、バレてましたか”と恥ずかしげな表情を見せた。“熱くなってきてる”“発汗してきた”と照れを隠せないながらも、川島は“嬉しいです”“たまにドキッとするのはいいです”とキュンとした気持ちを表した。中田は“そういう気持ちは、いつもこんなふざけながらも思ってるし感じている”と話し、真剣に夫婦としての愛を伝えた。帰り道には、中田から手を差し出して2人で手をつなぐ場面も。“寒い?”と聞きながら自然に自分のアウターのポケットにつないだ手を入れた中田に、SNSでは“普段は年下感あるのに、たまに出る男らしいギャップにキュンとする”“ドキドキ感がリアルでたまらない”“うみちゃんガチ照れで可愛い”といった声が寄せられた。

スタジオの高橋も“けいぴー、癖になってきちゃってます”と、中田の魅力に惹かれ始めていることを告白。“あの抜けてる感じの半面、頑張ろうとしているじゃないですか”“男らしく手をポケットに入れてあげたり……なんかいいかも”と熱弁。年下夫・中田の魅力を存分に語った。

一方、“料理をまったくしない”という中田の様子を観たノブが高橋に“こういう旦那さんはどうですか?”と質問。すると高橋は、“100点です!”と即答。“しないでほしい、(自分が)けっこうしてあげたい”と本音を語ると、三浦が“けっこうしてあげたいタイプなんだね。ダメンズを作るね”と冗談ながらに分析。髙橋は“やめてくださいよ~”と笑いながら否定しながら、中田の可愛らしさを評価した。

天然で年下としての可愛らしさを見せつつも夫としての男らしさを魅せる中田と、しっかり者だがキュンとすると照れが隠し切れない川島、相性ぴったりな2人による笑いの絶えない夫婦生活は、ABEMAにて無料配信中。

『私たち結婚しました 3』
#3放送日時:2022年6月17日(金)23:00~23:30
放送チャンネル:ABEMA SPECIALチャンネル

【関連記事】

おすすめの記事