赤い糸に手のひらを貫かれた女性、謎のミイラ、怨霊シライサンの姿も 映画『シライサン』場面写真を公開 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

赤い糸に手のひらを貫かれた女性、謎のミイラ、怨霊シライサンの姿も 映画『シライサン』場面写真を公開

SPICE

(C)2020松竹株式会社

2020年1月10日(金)に封切られる映画『シライサン』から、場面写真が公開された。
映画『シライサン』は、小説家・乙一こと安達寛高氏が監督・脚本を手掛ける映画。ジャンプ小説大賞を17歳の若さで受賞し、数多くの作品が映像化されてきた安達氏は、完全オリジナルの本作で長編監督デビューを果たす。『シライサン』で描かれるのは、「視線を逸らすと殺される」という怨霊“シライサン”の恐怖。“眼球が破裂した”不自然な状態で友人を亡くした大学生の端紀がシライサンの呪いに迫っていく物語だ。主人公の端紀を、本作で映画単独初主演を果たす飯豊まりえが演じ、同じく眼球破裂と心不全で弟を亡くす大学生・鈴木春男役で稲葉友が出演。そのほか、忍成修吾、谷村美月、染谷将太、江野沢愛美らがキャスティングされている。

(C)2020松竹株式会社

(C)2020松竹株式会社

(C)2020松竹株式会社

今回解禁されたのは、怨霊シライサンの姿などをとらえた7点の場目写真。蝋燭に囲まれ祈祷をおこなうシライサンの前には、大量のお札が張り巡らされている。安達監督は場面写真に見られる呪術的要素について、「そういうキャラクターは、これまで登場したことがない。ヒントとなったのはいくつかありますが、僕が以前に書いた短編の恐怖小説もそのひとつです」と語っている。

(C)2020松竹株式会社

(C)2020松竹株式会社

(C)2020松竹株式会社

そのほか、詠子(仁村紗和)がシライサンの都市伝説を語りながら真っ直ぐに指をさす場面や、何かを目撃した瑞紀(飯豊まりえ)、血のにじむ遺体らしきものを前にした春男(稲葉友)のカットも解禁。さらに、手のひらを赤い糸に貫かれた女性の姿や、ミイラと思しき謎の物体など、不穏な写真の数々が公開されている。

映画『シライサン』は2020年1月10日(金)全国公開。

【関連記事】

おすすめの記事