Yahoo! JAPAN

“年の差カップル”彼氏・彼女の現実とホンネ #5「悪い方向にばかり…」

ウレぴあ総研

https://pixta.jp/photo/22795338

恋人と年齢が一回り違うのも珍しくない「年の差カップル」の恋愛はどのようなものなのでしょうか。

どちらが年上、年下で、年齢差があっても交際を順調に進めるには、お互いの努力が不可欠です。

「年の差カップル」の彼氏・彼女たちに聞いた、お付き合いの現実やホンネをご紹介します。

「6歳年上の彼女との交際は、周りから

『尻に敷かれて大変そう』

といつも言われます。

僕がおとなしい性格で、反対に彼女は男性でも気にせずものを言う人なのでそう見えるのだと思いますが、実際は何でも話し合えて、年の差なんてあまり感じないお付き合いです。

僕は人にどう言われても気にしませんが、先日ZOOM飲み会を開く話になって

『彼女さんにあやしまれないように、部屋に連れてきたら?』

『監視されない? 大丈夫?』

などあれこれ“忠告”されて、さすがに嫌な気持ちがしました。

彼女が30代後半ってだけで

『もう逃げられないね』

と言う人もいて、付き合いをはっきり説明しない僕もいけないのだろうけど、どうして悪い方向にばかりとられるのだろうと、たまに気が滅入ります……」(男性/30歳/システムエンジニア)

いわゆる「姉さん女房」と言われるような、気が強くしっかりした女性が彼女だと、男性の立場が弱くなるなどネガティブな交際を想像する人もいます。

実際にどんなお付き合いをしているのかは本人たちにしかわからないのに、余計な気遣いは迷惑なもの。

また、「逃げられない」なども悪意のある見方であり、幸せなお付き合いを認めたくないのかもしれません。

(mimot.(ミモット)/弘田 香)

【関連記事】

おすすめの記事