Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サビキに掛かったアジ泳がせて69cmワラサ手中【愛知・南知多】

TSURINEWS

69cmワラサを手中(提供:週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎)

今年の初釣りは1月3日で、釣友の重野さんと愛知県・南知多町豊浜港の船に乗ってのアジ&メバル狙いだ。メバルは釣れずも、ワラサを手中に。

セアジ&メバル狙いへ

正月の三が日に釣行する人は、そんなにいないだろうと思って出発。ところが、私たちが着いた時に駐車場はかなりの車が。釣り好きはたくさんいた(笑)。

新年のあいさつもそこそこに、船へ乗り込み釣り座の確保をする。運がいいことに大ドモが空いていたので、右舷に私、左舷に重野さんとなる(なぜ空いていたか後で分かったが)。

当日の私のタックルは、シマノの海明30‐240にPEライン2号を巻いた小型電動リールの組み合わせ。アジ釣りから開始するということだったので、これにコマセカゴとハリス3号のサビキ仕掛けをセットする。オモリは60号で統一だ。

神島北西沖でアジを狙う

午前6時半に23人の釣り人を乗せて出船して、一路ポイントを目指す。船長からは、「波しぶきがかかるので、キャビンに入ってください」とのアナウンスが入る。天気はいいのだが結構波と風があり、45分ほどで神島北西沖へと到着。

エンジン音がスローになって船速が落ちると、船が大きく揺れるようになる。これは厳しい釣りになりそうだ。アミエビのコマセと付けエサの冷凍イサザが配られ、コマセを8分目ほどカゴに詰め、イサザを1つ置きにハリへ付け開始の合図を待つ。

本命アジがぽつぽつヒット

しばらくして船長から、「水深は30m。根掛かりに注意しながら、底から1m上げてアタリを待って」とのアナウンスがあった。仕掛けを投入すると、イトが船の前方へ流れていく。これは釣りにくい。ミヨシから釣り座が埋まっていった理由が分かった。

当日の船中の釣り風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎)

また、潮が速いので1流し1投しかできない状況で、船長の合図で投入できないと1回休みになってしまう。それでも25分後には、なんとか本命のアジを1匹上げることができた。

これを皮切りにポツポツとアジが釣れるようになってきて、重野さんも釣れだしたようだ。

ラインブレイクで大物の気配

そして、釣りを続けていると急に穂先がガンガンとたたかれたかと思ったら、フッと軽くなってしまった。

回収した仕掛けを見るとハリが1本切れており、これが2回ほど続いた。乗船時に船長から、「今シーズンは青物の回遊が多いので、太い仕掛けを用意しておいた方がいいよ」と言われ、船長推薦のハリス10号のサビキ仕掛けを購入しておいたのを思い出し、急いで太仕掛けにチェンジだ。

しかし、ハリスが太いとアジの掛かりが極端に悪くなってしまう。それでもなんとかアジを掛け、すぐには回収せず根掛かりに注意しながらそのままで待つ。しばらくすると、穂先にアジが暴れている状況が伝わってきた。

69cmワラサをゲット

アワせたい気持ちを抑えながらジッと待つと、穂先がグッ、グ~ンと海面に突っ込んだ。ここで思い切りアワせると、サオが気持ちよく曲がって乗った。

上げる途中で何度もイトを出され、イトが船下に潜り込んでいくので、船底でこすれないように身を乗り出していなす。

あと10mぐらいで他の人とオマツリしてイトを出されたのだが、なんとかほどくことができ、リーダーまで巻き取り魚体も見えてきた。

そして、船長が素早くタモですくってくれたのは、69cmの丸々としたワラサで、船長の助言に感謝だ。

サビキからメバル釣りへ変更

これに気を良くして太仕掛けで通すが、1回アタリがあったがスッポ抜けてしまった。これで私のアジ釣りは終了だ。

午前10時半にはメバル釣りのため場所移動。仕掛けをハリス1.5号のサビキ仕掛けにチェンジし、今度はイサザを全てのハリに付ける。

ここの水深も30mほど。しかし、掛かってくるのは、ベラをはじめとする外道ばかり。結局、私たちはメバルが釣れずに終了時間を迎えた。

最終釣果

私の初釣りは大物に気を取られてしまい、13~24cmのアジ6匹、69cmのワラサ1匹。数は少なかったが、イメージ通りの釣りができたので納得の内容。重野さんは、手堅く良型のアジを10数匹手にしていたようだ。

メバルは春告魚とも言われるように、これからの魚。釣っている人は釣っていたようなので、これから期待大だ。

<週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事