Yahoo! JAPAN

トローリングで極太53cm頭にビワマス14匹快釣 イクラ軍艦に舌鼓

TSURINEWS

トローリングでキャッチした良型ビワマス(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

滋賀県・長浜港発のガイド船で釣友2人とビワマス釣りを楽しんだ。多景島周辺のポイントを流し、リリースを除き34~53cm14匹の釣果を得た釣行をリポートする。

トローリングでビワマス狙い

9月15日、滋賀県・長浜港から琵琶湖へ釣友2人とビワマス釣りに出かけた。当日は知人の成宮さんの船に乗船。地元で琵琶湖の漁師と遊漁船も兼ねて営んでおり、私たちはレイクトローリングをお願いした。

10月からビワマスが産卵するため、ガイド船も2カ月間禁漁に入る。当日は午後から風が吹く予報なので、早朝から午前中が勝負だ。

午前5時30分に長浜港に到着。やがて成宮さんの船が到着したので、あいさつをして、クーラーと飲み物は船に持ち込んだ。船にはレイクトローリング用の道具は、全て装備されていた。

午前6時、長浜港を出船し、多景島方面に向かう。航程15分でエンジン音がスローになり、トローリングで流すポイントが決まった。

当日活躍したダウンリガー(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

両舷ミヨシ2本のサオはレッドコアの電動リールで、両舷トモ2本はダウンリガーだ。成宮キャプテンは4本のサオが、オマツリしないように低速走行する。

40cm級ビワマス浮上

開始10分すぎ、左舷トモのダウンリガーのサオがたたかれた。成宮キャプテンが素早くアワせると、「ハリ掛かりしたよ」と言い、私にサオを手渡してくれた。ゆっくり巻いてくると、鋭い突っ込みが伝わる。

成宮キャプテンから、「巻かずに耐えてかわしてください」とのアドバイス。やがて前方から良型のビワマスは浮上すると、成宮キャプテンが巧みにネットイン。銀ピカの40cm級のビワマスだ。

良型手中に歓喜(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

アタリ連発

ここからアタリ連発。右舷ミヨシのレッドコアに、大きなアタリがありサオが豪快に曲がった。小崎さんのアワセが見事に決まり、電動で巻き上げるとサオが大きく曲がる。強烈な突っ込みで、電動がストップするほどだ。ゆっくり巻き上げると「これはデカいぞ!」と成宮キャプテン。

やがて浮上したビワマスは、成宮キャプテンの差し出すネットに収まった。立派な体高の50cm超えだ。開始1時間ほどで5匹仕留めて、リリースサイズは1匹だった。

ビワマス53cm堂々参上

多景島の周辺では多くの僚船漁師がビワマス釣りしており、成宮キャプテンは僚船と電話で釣果情報の交換している。この日はトモのダウンリガーが大当たりで、サオが頻繁にたたかれる。

ゆっくりトローリングしながらポイント移動が続いたが、アタリが連発してもバラシ3連発。これを見て成宮キャプテンはハリを交換する。そして沖上がり1時間前から風が吹き始めると、右舷トモのサオが大きくたたかれた。私がアワセを入れ、成宮キャプテンに「これは大型だよ」と伝えた。

沖上がり直前に53cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

やがてネットに収まった銀ピカのビワマスは極太の53cm。これで50cmオーバーは3匹となった。

最終釣果

全体釣果はビワマス14匹(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

予報通り風が吹いて波も出始めたので、安全第一で納竿。釣果はリリースサイズは除き34~53cm14匹。

握り寿司&イクラ軍艦

私が持ち帰った大ビワマスの腹の中には、イクラが入っていた。

メスのビワマスは抱卵していた(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

翌日の夕飯はビワマスの握り寿司やイクラ軍艦で、そのおいしさに大満足だった。

ビワマスの握りとイクラ軍艦(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

<週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年10月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postトローリングで極太53cm頭にビワマス14匹快釣 イクラ軍艦に舌鼓first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事