Yahoo! JAPAN

春イカ狙い陸っぱりエギング釣行 待望の2600gアオリをキャッチ

TSURINEWS

2600gの春アオリをキャッチ(提供:TSURINEWSライター野中功二)

水温沖は16~17度の表記。春イカサイズの釣果が聞こえてくる頃合いだ。水温的には産卵開始の目処になる数値だが、沿岸の藻の生え方は場所によりまばらである。しかし、イカは待っていそうもない。そこで大型狙いに伊豆地区へ釣行、2600gをキャッチした釣行の模様をリポートする。

大型アオリ情報を入手

釣行当日、天候は晴天夏日のような陽気。他所では春イカサイズが出だしているが、伊豆地区ではそれほど聞こえてこない。しかし、某所で2800gが出たと言うことを聞きつけ、各ポイントを確認に出かけた。

大潮のこの日、現場には10時30に到着した。潮位は下げ潮8分。得意ではないが、晴天と言う事もありケイムラからスタート。

ポイントとタックル

今回のポイントは「The春」と言った藻場。キャストし中層を探るが追尾などない、見た感じイカのペアリングも見えない。エギをイージーQキャスト喰わせ3.5号ブルー夜光ゴールドブラウンにかえ、藻場付近を探るも反応がない。

エギの回収時水面にベイトもなし、潮色クリアーでアオリイカが居たり、追尾があれば目視できる状況。回収のエギを触り確認すると冷たいどころかあたたかい。

当日のポイント(提供:TSURINEWSライター野中功二)

タックル

今回使用したロッドは藻場でも有効なアサルトジェットタイプS SD90。リールはヴァンキッシュC3000に、ラインはアーマードF +プロ0.6 号、パワーリーダーFC2.5号。エギはLQ(レンズエギ)3.5号他。

2600gアオリイカヒット

よく観察すると、海面にできた泡や藻の傾きで潮の流れが、沖の潮目のでき具合で変化が読み取れる。藻の向き変化で潮か流れを確認、少し深い船道にキャストしてテンションフォールよりやや緩めにフォールさせて、藻の生え際をLQ「ゴーストケイムラオーロラアジ」ナチュラル系で探ってみる。

海中の藻の傾きで潮流がわかる(提供:TSURINEWSライター野中功二)

すると着底する間際に突然ラインが張り、テンションが掛かったような状況に。しかし、アオリイカ特有のエギを抱いて持っていくような動きがない。サオを立て気味にした途端、ドラグが出る。重さと勢いのあるジェット噴射に良型を確信した。

藻に突っ込まれるのをロングロッドのレングスでカバーし、藻に入れないようにいなしていると観念したか浮き気味で姿を現したのは待望のナイスサイズ2600gアオリイカだ。しかし、追尾はない状況だった。

エギを抱き込んで上がってきた(提供:TSURINEWSライター野中功二)

釣果に繋がったポイント

今回の釣りはこの1杯で終了となったが、今回の釣行を振り返って見ると、晴天のケイムラは有効な感じがする。カラーは強アピールもありだがナチュラル系やケイムラ系も準備したい。追尾のアオリイカをサイトで釣るのもこの時期の醍醐味の一つなので、視野性のいいカラーも必要だろう。そして、時には好反応が得られる縦の速いアクションや横のダートのアクションには無反応だった。

当日のヒットカラー(提供:TSURINEWSライター野中功二)

また、海の変化には注意が必要。よりいろいな情報を得るために、海面のギラギラを除去して海の中を見る偏光グラスは必須だ。目の保護もできるので一石二鳥。そして、足場のいい場所でもライフジャケット、熱中症予防にキャップや飲み物など準備したい。

着々と春イカシーズンは進行している。準備万端にし、コロナには注意して海に出かけよう。デカイカが待っている。自己記録を更新しよう。

大型アオリ狙いの好機(提供:TSURINEWSライター野中功二)

<野中功二/TSURINEWSライター>

The post春イカ狙い陸っぱりエギング釣行 待望の2600gアオリをキャッチfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事