Yahoo! JAPAN

秦野で”華の舞” 歌舞伎公演に192人が来場〈秦野市〉

タウンニュース

公演の様子(C)YAMADA HIROSHI

クアーズテック秦野カルチャーホールで11月21日、歌舞伎公演「伝統芸能華の舞」が開催され、192人が来場した。

同公演では市川右團次さんや市川笑三郎さんらが出演。能楽独調「楠露」や素踊り「楠公」などが披露された。歌舞伎十八番のひとつでもある「鳴神」では、右團次さん演じる鳴神が、笑三郎さん演じる絶間姫に激怒し姿を変えるシーンで、あまりの迫力に観客らは息をのんで見入っていた。

公演を観終え観客は、「『鳴神』を地元で鑑賞できてよかった」、「鳴神上人と絶間姫のかけ合いは圧巻だった」などと話した。

【関連記事】

おすすめの記事