Yahoo! JAPAN

今さら聞けないライトゲームのキホン:魚の気配がない時間どう過ごす?

TSURINEWS

魚の気配のない日中(提供:TSURINEWSライター井上海生)

魚は早朝と夕方や夜にかけて活性が上がるもので、ショアでは特にそれが顕著だ。日中には堤防や漁港では釣りにくい。ではその時間を、どう過ごすか。今回はそれを考えてみよう。

イカゲソで「ゲソング」

デイ(日中)のライトゲームは、あまり釣果に期待しない方がいい。非常に自然豊かでまっさらなバージンポイントで稚魚の姿なども多い郊外奥地の海ならば多少のことが期待できるだろうが、一般にエントリーしやすい漁港、波止ではそうそうルアーで日中に魚は釣れない。

気配がないときには、ただボーッとしているのもいいが、まあ、ヒマだ。

そこで筆者としてはゲソングをオススメしたい。タックルはそのまま、ややリーダーだけ太くしてスナップをかまし、極小ヘッドにイカゲソをセッティングする。こうするとフグやベラやカサゴなどが釣れる。しかもイカゲソはエサ持ちがいい。100円で売られている特売品を買って冷凍し、釣行のたびに解凍すれば、1年以上はそれでいけるはずだ。

「ゲソング」で釣ったカサゴ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

キャスト距離などイメージ

釣れにくい日中だが、初場所にはデイで入った方がいい。その場の東西南北や潮の流れ方やストラクチャーの状況などをチェックできるからだ。下の画像ように、思わぬところに沈み根があることなど、デイで見ていなければかわせない。高価なルアーを持っていかれるところだ。

沖に発見した思わぬ沈み根(提供:TSURINEWSライター井上海生)

キャスト距離をイメージできるのもデイの視認ならではで、軽量ヘッドと重めのヘッドを投げておけば、真っ暗闇ポイントでも「大体これくらい飛ぶんだな」というイメージを持つこともできる。水質がきれいならば、沈下速度も見られる。タングステンのヘッドなど、本当に一瞬で沈んでしまうので、筆者も最近驚いたところだ。

ルアーのアクションチェック

投げるルアーのアクションをチェックする意味でもデイがいい。特にハードルアーは確実に一度デイで見ておいた方がいい。

私の経験からいうと、以前、バチ抜け用のプラグを使っていたとき、それがまったくのフローティングだと思っていたものが実はシンキングで、危うくロストしかけた。メタルは沈むしポッパーなんか浮くと分かっているのだが、中間的なペンシルとかクランクとかはソルトではアクションや潜行レンジが思っているのと違うことがある。要チェックである。

マヅメに照準を合わせて準備

朝夕のマヅメの前にポイントに入る意味は非常に大きい。場所取りと見られようが先行してその場を打てるというのは、やはり、先着順の権利なのだ。だから日中には多少ヒマな思いをしてでもポイント入りした方がいい。

マヅメがチャンスになるアジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

そして到来するマヅメに合わせて最高の準備をすること、これも大事だ。秋の日はつるべ落とし、夏の朝はアッという間に明ける、30分くらいしか時間がないマヅメ時がある。いや30分あればいい方かもしれない。それくらいマヅメは短いもので、場所のチェンジはおろかリグチェンジもそうそうできない。だからあらかじめ使う予定のものはリグっておく。もちろんスナップを使って効率的に付けかえて、マヅメに多投できる準備を整えておこう。

熱中症、油断の落水などに注意

デイでポイントに入ることには多くの意味があるが、危険もある。たとえば熱中症だ。喉の渇き、日差し、また海の照り返しで目も疲れる。そうなると不意に落水することも考えられる。デイだから大丈夫だと思って普通に歩いているとまったく足元がおろそかになっていて何か転がっているものに躓いて転倒することもある。

ライフジャケットの着用、サングラスもなるべく掛けて帽子を被り、こまめな水分補給。そうして自分の体力の状態にも常に注意を払い、安全で楽しい釣りができるようにしたい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post今さら聞けないライトゲームのキホン:魚の気配がない時間どう過ごす?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事