【缶入り紅茶って余りがち…。】プロが教える「余った茶葉をおいしく淹れる方法」 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

【缶入り紅茶って余りがち…。】プロが教える「余った茶葉をおいしく淹れる方法」

anna(アンナ)

anna(アンナ)

何かといただくことの多い“缶入りの茶葉”。なかなか飲み切れずに、気づいたら味が落ちてしまっていた……ということも多いのではないでしょうか?

今回はそんなお悩みを解決! 余った茶葉をプロ級の味に変身させてくれる、おいしい紅茶の淹れ方をティーコーディネーター・平井宏美さんに教えていただきました。

■1:“缶入り茶葉”こそ、贅沢な「ロイヤルミルクティー」に

量の多い缶入り茶葉こそ、茶葉をふんだんに使ったロイヤルミルクティーがおすすめ。ミルクのたんぱく質が、茶葉の苦みや渋みをコクに変えてくれるそうで、まさに余ってしまった茶葉を大変身させてくれる万能レシピなんです!

(1)カップ1/3の水を鍋に入れ、火にかける

(2)沸騰したら火を止め、通常の3倍~5倍の量の茶葉を入れ、3分~5分置く

画像:anna

(3)カップ2/3のミルクを入れ、弱火でじっくりと温める

画像:anna

ここでは沸騰させないようにするのがポイント。

(4)茶こしを使いカップに注ぎ、完成

画像:anna

お鍋と茶こしのみで出来上がるので、洗い物も少なくて簡単! 砂糖でほんの少し甘味を足して飲むのがおすすめです。

■2:夏に向けて押さえておきたい「アイスレモンティー」

春夏に飲みたくなるアイスレモンティーも、淹れ方にポイントが。ちょっとしたひと工夫で、見違えるほどおいしいレモンティーになるんです。

(1)水出しで、冷蔵庫の中で一晩おく

画像:anna

お湯で出してしまうと、カフェインなどの苦みや渋みが出てしまうそう。アイスレモンティーで飲むなら、水出しで極力苦みを抑えて。

(2)一晩砂糖につけたレモンを乗せる

画像:anna

さらにここでポイントなのが、フレッシュなレモンではなく一晩砂糖につけたレモンを使用すること。

画像:anna

ここで嫌な酸味を抑えることで、プロ級のレモンティーに仕上がるそうですよ。

読売テレビによる、テレビとWEBサイトの連動番組『anna』では、関西の女性が行きたい・知りたいと感じることを、インスタグラムでも人気のannaアンバサダーたちが、体験を交えてトーク形式でお届けしています。次回の放送は2020年4月1日(水)25時36分~。お楽しみに!(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ anna/平井宏美

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

【関連記事】

おすすめの記事