Yahoo! JAPAN

笠井アナ、言葉を失った河村亮アナの訃報「胸が痛くなります」

Ameba

元フジテレビアナウンサーの笠井信輔が16日に自身のアメブロを更新。14日に脳出血のため亡くなった日本テレビの河村亮アナウンサーを追悼した。

この日、笠井アナは「河村亮アナウンサーの訃報に言葉を失いました」と述べ「誰もが本当に驚いたと思います」とコメント。「私もニュースを見たときに『なぜ』と言う思いばかりが頭に浮かびました」と悲痛な胸の内を吐露した。

続けて「他局とは言え同世代のアナウンサーで、現場でお会いして挨拶を交わしました」と明かし「誠実で、折り目正しく、音声も、態度も、言葉も、とてもアナウンサーらしい、若い方が目指すようなアナウンサーだなと思って見ていました」と回想。「このような時にどうしても『命』のことを考えてしまいます」と述べ「医学や医療は目ざましく進歩していて、病を乗り越えられる人がたくさんいる一方で、そうでない方たちがいるのも現実です」とつづった。

また、河村さんについて「3度のオリンピック、巨人戦、箱根駅伝、バラエティ番組など様々な体験をされて、充実した人生だったのではと感じます」と明かし「病床でも精一杯がんばってこられたと思います そう考えると、胸が痛くなります」と心境をつづった。

最後に「もっとアナウンサーとして、そこから離れた人生でも、さらに色々な体験をしたかったに違いないのです」と述べ「河村さんのご冥福を心からお祈りします」と追悼し、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「ご冥福をお祈りいたします」「まだ信じられません」「とても残念です」「寂しいです」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事