Yahoo! JAPAN

犬がどうしてもお風呂に入りたくない時によくする行動5選

わんちゃんホンポ

1.気配を消して隠れる

お風呂に苦手意識を持っているわんちゃんは、今までのお風呂の経験を覚えていて「これからお風呂に入る雰囲気」を察知します。準備する飼い主さんの雰囲気を察知して、そーっとどこかに隠れたりシーンと飼い主さんをうかがう子も多いかと思います。飼い主さんに見つかってしまうと、目を白黒にして眉をひそめ困惑顔になってしまうわんちゃんもいますね。

2.とにかく逃げ回る

お風呂に入るのが嫌すぎて、飼い主さんからとにかく逃げ回る子も!もはやリビングは鬼ごっこ場と化し、愛犬とお風呂場へ行く前にクタクタになってしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。つかまえようという飼い主さんの必死さが伝わるほどにわんちゃんの嫌悪感も増してしまうため、愛犬を捕獲したい時には”さりげなさ”が大切ですね。

3.頑なに動かない

小型犬の場合は飼い主さんが抱き上げるのも簡単ですが、中型犬大型犬の場合はわんちゃんをお風呂場まで連れて行くのも一苦労ですよね。しかもお風呂が苦手なわんちゃんの場合は「私は岩です」と言うかのように身体を硬直させて抵抗してきますので、そんな愛犬にお手上げ状態になってしまう飼い主さんも多いことと思います。

4.前脚をつっぱって抵抗する

やっとのことでお風呂場まで連れて来ても、わんちゃんが諦めずに抵抗姿勢を見せることも多いです。犬は「行きたくない」「怖い」というような拒否の気持ちの時に、前足をグッとつっぱって腰を後ろに引く姿勢を取ります。小型犬であっても必死な犬の全力は結構強いので大変ですよね。

5.湯船を拒否してモモンガ状態

プールや川で泳ぐのが大好きなわんちゃんがいる一方で、水に身体を付けることが大嫌いなわんちゃんも多くいます。愛犬をお風呂に入れる時にシャワーだけでなく、ドッグバスやたらいなどに湯船を張って愛犬を入れると汚れが取りやすく、シャンプー剤のすすぎ残しも少なくなります。

しかし、この湯船に浸かることが嫌いなわんちゃんの場合は全力の抵抗を見せることも。「もう諦めておくれ…」となだめたくなるほど、四肢をドッグバスやたらいのフチにつっぱって”モモンガ状態”になってしまうという、なんとも必死な姿が見られることもあります。

お風呂嫌いを改善するには?

定期的にお風呂に入ることは愛犬の健康に大切な習慣ですので、少しずつお風呂への嫌悪感を軽減していきましょう。

✔時々お風呂場でおやつを与えてみる
✔シャワーヘッドを愛犬の身体に密着させて使用する
✔顔を洗い流す際にシャワーでなくスポンジを使う
✔捕獲の際に追いかけたり強く抑えつけたりしない

などを意識すると、愛犬のお風呂への抵抗感が軽減することが期待できます。

まとめ

今回は「お風呂嫌いな犬の必死すぎる抵抗」の行動を5つご紹介しました。

犬は目や耳からの情報よりも”匂い”の情報を大切にしています。自分の匂いが消えてしまうことを嫌うこと、そして身体が濡れることに嫌悪感を持ってしまうことでお風呂嫌いになってしまうことも多くあります。

また、お風呂では飼い主さんにつかまえられたり押さえられたりすることもあり、自分の動きを制限されることに不快感を持つこともお風呂嫌いになってしまう原因の1つです。

お風呂を嫌がるわんこは

✔気配を消して隠れる
✔とにかく逃げ回る
✔頑なに動かない
✔前足をつっぱって抵抗する
✔湯船を拒否してモモンガ状態

などの行動でお風呂を拒否することがあります。

必死すぎる抵抗の姿勢に笑ってしまいそうになりますが、愛犬としては大真面目にお風呂に抵抗しています。できるだけストレスなくスムーズにお風呂に入ってもらえるよう、お風呂への抵抗感を軽減させていきましょう。

【関連記事】

おすすめの記事