Yahoo! JAPAN

【千葉市中央区】動物の魅力を再発見 魅惑の私設自然史図書室 「リスの本棚」

チイコミ!

【千葉市中央区】動物の魅力を再発見 魅惑の私設自然史図書室 「リスの本棚」

子どもの頃、動物や恐竜の図鑑を手にワクワクした経験がある人も多いはず。

「リスの本棚」は大人も子どもも新たな発見に出合える場所です。

図書室のテーマは「自然を知る」

「リスの本棚」入り口

動物など自然に関する本や雑誌がぎっしりと並ぶ書架、所狭しと展示される恐竜の模型や動物の標本…。

ここは、私設自然史図書室「リスの本棚」です。

この図書室の室長を務める宝川範久さんは、元動物園の飼育員。

「自然を知る」をテーマに、2022年5月に開設しました。

室長の宝川範久さん

宝川さんは、京都と奈良でニホンザルや鹿の行動を研究、その後北海道でエゾリスの生態を研究し、さらに千葉市動物公園で30年以上飼育員を務めました。

動物関係に特化している私設図書室は全国でも珍しく、収められている約4000冊の書籍は、宝川さんが半生をかけて集めたものです。

蔵書は、ほ乳類や鳥類など動物の書籍や図鑑が中心。

中には古来の人類と動物の関わりに着目し、家畜として飼い私たちが食している動物についての書籍などもあり、改めて自然と人間について考えさせてくれます。

加えて恐竜に関する書籍や模型、鹿の剥製や角、イノシシやツキノワグマの頭骨の標本まで、私たちの興味をくすぐる展示物がいくつも並び、時間を忘れて見入ってしまいます。

室長とのトークでより理解が深まる

ここ数年、科学を通して解明されてきたことがたくさんあります。

例えば「クジラ偶蹄目」という新たなグループが遺伝子解析によって生まれたことで、「クジラと牛は仲間」ということが定説に。

そんな知識豊富な宝川さんの解説も「リスの本棚」の楽しみの一つです。

室内の様子

「子どもはもちろんですが、大人も気楽に来てほしい。動物に興味を持つ大人は少ないかもしれませんが、そういう人のためにもこの図書室を開いています」と語る宝川さん。

実際に、通勤途中に立ち寄る社会人から、塾帰りに何げなく見ていく子どもまでさまざまな人の利用があり、「興味の入り口」としての役割を果たしているようです。

現代はインターネットで何でも検索できますが意外に見えている範囲は狭いもの。

気の向くままに手にした一冊から新たな興味が生まれてくるかもしれません。(取材・執筆/Jack)

住所/千葉県千葉市中央区新千葉1-4-2 場所/JR千葉駅西口ウェストリオ2 2階 開催日時/火曜・木曜・土曜 午後1時~午後6時 料金/無料 ※閲覧のみで貸し出しはなし

問い合わせ メール/dyla.nri125@gmail.com

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ごめん、正直舐めてました……。【ダイソー】見つけたら即買うべき最強アイテム5選

    4MEEE
  2. 今年は“肉料理”も参戦!岡崎公園で「京都餃子大作戦withお肉」開催

    PrettyOnline
  3. 博多駅「マイング」の顔出しパネルを自宅に迎えた猛者現る 人々の顔ハメ続けて約8年、新たな居場所には仲間も

    Jタウンネット
  4. 定子と清少納言の少女漫画みたいなエピソード。『枕草子』は「春はあけぼの」だけじゃない!

    さんたつ by 散歩の達人
  5. 【浜名湖花博2024】浜名湖ガーデンパーク会場の気になるみどころ

    アットエス
  6. 【公示地価2024】商業地・住宅地トップで福岡市は初の二冠。福岡県は全用途と商業地で都道府県トップ!

    フクリパ
  7. 「2nd ANNIVERSARY ららぽーと福岡」4月25日(木)〜5月6日(月・祝)に開催! 【福岡市博多区】

    フクリパ
  8. 二重あごが気にならない!小顔効果抜群ボブヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE
  9. 【サッカープリンスリーグ東海・第3節速報】藤枝東とジュビロ磐田ユースが3連勝。清水エスパルスユースは逆転で2連勝

    アットエス
  10. ふるさと村に「レルヒさんの家」オープン! レルヒさんグッズや顔出しパネルを展示

    Komachi Web