Yahoo! JAPAN

演出の小川絵梨子と上村聡史、映画監督の石川慶が参加するトークイベント開催 新国立劇場にて4月より『デカローグ 1~10』上演

SPICE

『デカローグ 1~10』

2024年4月より新国立劇場 小劇場にて、『デカローグ 1~10』が上演される。この度、スペシャルトークイベントの開催が決定した。

「トリコロール三部作」『ふたりのベロニカ』で知られる、ポーランドの名匠クシシュトフ・キェシロフスキが発表した 『デカローグ』。旧約聖書の十戒をモチーフに1980年代のポーランド、ワルシャワのとある団地に住む人々を描いた十篇の連作集だ。人間を裁き断罪するのではなく、人間を不完全な存在として認め、その迷いや弱さを含めて向き合うことが描かれたこの作品は、人への根源的な肯定と愛の眼差しで溢れている。
もともとテレビ放映用ミニ・シリーズとして1987-1988年にかけて撮影され、その質の高さが評判を呼び、その後世界で劇場公開。スタンリー・キューブリック、エドワード・ヤン、侯 孝賢(ホウ・シャオシェン)など世界の映画作家が賞賛の声を贈った。

この十篇の物語を2024年4月~7月、新国立劇場にて完全舞台化する。全10話を大きく3つのタームに分け、4~5月は『デカローグ1~4』を、5~6月は『デカローグ5~6』を、そして6~7月は『デカローグ7~10』を上演する。総勢40名以上の出演者と共に、公演期間約4カ月という前例のない大規模プロジェクトに挑む。

今回、一般発売を目前にした2月12日(月・休)、スペシャルトークイベントが開催されることとなった。

(左から)小川絵梨子、上村聡史、石川 慶

演出を担当する小川絵梨子(新国立劇場 演劇芸術監督)と上村聡史、そしてスペシャルゲストに、キェシロフスキと同じポーランド国立ウッチ映画大学で学び、「『デカローグ』はバイブルのような作品」と話す映画監督の石川 慶を招き、『デカローグ』やキェシロフスキ作品の魅力、舞台化について、同世代の3人が語り合う。

なお、本イベントは無料・自由席(要予約)で1月31日(水)10時より申し込みの受付が開始となる。

【関連記事】

おすすめの記事