Yahoo! JAPAN

サラダチキンと相性よし!きゅうりを使った絶品アレンジとは?

オリーブオイルをひとまわし

サラダチキンと相性よし!きゅうりを使った絶品アレンジとは?

鶏胸肉のさっぱりとした味わいときゅうりのさわやかな食感は相性がよいことから、この2つを合わせた料理は数多く存在している。しかし、鶏胸肉は硬くなってしまうこともあり調理には注意が必要だ。ところが、サラダチキンを使えばしっとりとほぐれやすく、さらに調理工程を短縮することもできるため便利である。ここではサラダチキンときゅうりを使ったレシピについて紹介していく。

1. サラダチキンときゅうりのマヨネーズアレンジ

まずはじめに、サラダチキンときゅうりをマヨネーズで和えたレシピを紹介する。もっともスタンダードなものは、ほぐしたサラダチキンと、千切りにしたきゅうりをマヨネーズで和えるだけのもの。生の鶏肉から調理するのと違い、サラダチキンは調理済みであるためこれだけで完成である。ただし、ここで大切なことは、マヨネーズのみでは味がぼやけてしまうので、醤油や塩こしょうをプラスして味を締めるように意識しておきたい。そこからバリエーションとして、醤油の代わりに味噌をプラスして味噌マヨ和えにしたり、辛子を加えて辛子マヨ和えや、カレー粉を加えてカレーマヨネーズ和えなど、さまざまな調味料と合わせることが可能である。和え物だけでなく、マヨネーズ炒めもコクが出ておすすめだ。炒める場合はきゅうりを塩もみすることと、サッと火を通す程度に留めると美味しく仕上げることができる。

2. サラダチキンときゅうりのピリ辛やごま油の中華風

鶏肉ときゅうりを使ったメニューといえば、中華風の味付けも相性がいい。中華風サラダにするには、ほぐしたサラダチキンと千切りにしたきゅうりに、酢、砂糖、醤油、ごま油、白すりごまを和えれば完成だ。味がもの足りなければ少しオイスターソースを足すと、奥行きのある味わいになる。これに豆板醤を加えるとピリ辛な味付けになり、食欲を増進することができる。辛さの程度は豆板醤を入れる量で加減してほしい。豆板醤でなく鷹の爪を入れるのもいいだろう。中華風サラダといえばバンバンジーも代表的なメニューであり、サラダチキンを使って簡単に作ることもできる。バンバンジーのタレは酢、砂糖、醤油、ごま油にいりごまと練りごまを加えるだけであり、中華風サラダに使う調味料と大きな違いはないのである。そのまま食べるだけではなく味付けのバリエーションを広げたいという人は、サラダチキンを使った人気の中華風料理を楽しんでみてほしい。

3. サラダチキンときゅうりの梅やポン酢のさっぱり和風

サラダチキンときゅうりは元々どちらもあっさりとした味であるが、梅やポン酢を使い酸味を効かせるさっぱりとした味付けもよく合うので紹介しよう。ポン酢は完成された調味料であることから、サラダチキンときゅうりをポン酢で和えるだけでほかの調味料は必要ない。油を足すとコクが増すがごま油では中華風になってしまうので和風にするのであればサラダ油にしたい。梅和えにするのであれば、梅干しの種を外して梅肉を包丁で叩いてポン酢と混ぜ合わせてからサラダチキン、きゅうりと和えるといい。好みで大葉や白いりごまを混ぜるのもよい組み合わせだ。和風の味付けでは、ほかに醤油、砂糖、酢、白いりごまに、おろし生姜を混ぜるのもさっぱりとした味付けになる。

4. サラダチキンときゅうりにトマトやもやしをプラス

サラダチキンときゅうりの和え物に、トマトともやしとプラスすると彩りも鮮やかになり、味付けもそのままでバッチリ合うだろう。中華風の味付けは定番の組み合わせであり、バンバンジーにはとくにおすすめしたい組み合わせだ。もやしは茹で、トマトは1/2にカットしてからスライスするとベチャベチャにならず食べやすい。ほかの食材を使った組み合わせとしては、アボカドが挙げられる。サラダチキン、きゅうり、トマト、アボカドをすべて乱切りにし、オリーブオイル、レモン汁、塩、粒マスタードを混ぜ合わせ、全体に和えるのだ。トマトから出る汁気が気になる場合は、ミニトマトを半分にカットして使うのがおすすめ。

結論

サラダチキンときゅうりは、調味料の組み合わせを変えるだけで、さまざまな味付けに合わせることができる相性のよい食材である。さらに、同じ味付けのままトマトやもやしをプラスするだけで彩りを鮮やかにすることが可能だ。また、サラダチキンときゅうりの組み合わせは、基本となる調味料に梅などの食材を加えるだけで味付けのバリエーションをさらに増やすことができるバッチリの組み合わせなのだ。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 大谷琴羽

【関連記事】

おすすめの記事