Yahoo! JAPAN

ダイエット中にスムージーを絶対に飲んではいけない理由とは!?【内臓脂肪の話】

ラブすぽ

ダイエット中にスムージーを絶対に飲んではいけない理由とは!?【内臓脂肪の話】

果物の果糖は内臓脂肪をためやすい

果物はビタミンや食物繊維をたっぷりとれるので健康的な食べ物だと思われがちですが、内臓脂肪を減らしたいのであれば、常食や過食を避けるべきです。

そもそも糖質は、その分子の大きさから3種類に分類されます。まず、ブドウ糖や果糖などが含まれる「単糖類」、ショ糖や乳糖、麦芽糖などの「二糖類」、そして穀類やいも類のでんぷんなどが含まれる「多糖類」です。単糖類が分解・吸収のスピードが最も速く、次が二糖類、最も遅いのが多糖類になります。

果物に含まれる糖質は、単糖類の果糖です。消化吸収が早いため食後に血糖値を急上昇させ、中性脂肪を増やします。果物や野菜をジューサーにかけてつくるスムージーは、食物繊維が切り刻まれることでより消化がよくなります。一見、ヘルシーなイメージがありますが、実は脂肪をためやすい飲み物なのです。

ただ、旬の果物はビタミンなどが豊富で、健康効果、美容効果は高いもの。食べる場合は、朝食と一緒に食べるようにしましょう。活動量が減って糖質が消費されにくい夜は避けて正解です。

そのほか「軽く食事をとりたい」といったときに、手軽に食べられるサンドイッチやそばを選ぶ人は多いと思います。しかし、いずれも糖質が多いメニューでヘルシーとはいえません。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話』著/栗原毅

「図解 内臓脂肪の話」は、こんな方にオススメです!

・痩せたい!
・健康になりたい!
・家族の健康が気になる!
・お酒を飲みながらダイエットしたい!

以上の方には「図解 内臓脂肪の話」は大変おすすめな本です。

『内臓脂肪の前に脂肪肝が問題』
『内臓脂肪を減らすには緑茶を飲むのが
最短ルート』
『お酒を飲みながら内臓脂肪を減らす方法』

など、今日から使える知識が満載!

本書ではその方法を図解とともに分かりやすくご紹介!

内臓脂肪の気になる疑問が一発でわかる!

第1章 内臓脂肪を減らすのに運動はいらない
第2章 放っておくと怖い内臓脂肪の脅威
第3章 驚くほどお腹が凹む最強の食べ方
第4章 外食、飲み会を賢く乗り切る
第5章 無理なく続く! 内臓脂肪が落ちる生活習慣

内臓脂肪が気になっている方にはどれもこれも気になってしまう内容です。
すぐに使える超実用的な情報を幅広く紹介しているので、一冊持っていれば内臓脂肪のことが丸わかり!

読みやすい文字量と分かりやすい図解で一気に読める!

図解シリーズは、右側に文章左側に図解が乗っているので、本が苦手な人にも理解しやすい構造になっています。
内臓脂肪だけでなくダイエット全般の疑問や悩みを徹底的に解説されています。

内臓脂肪を知り、ためこまない生活を目指す!!

新型コロナウィルスの影響でテレワークの導入や、不要不急の外出など、
何かと家にいる時間が多くなっているため、運動不足や食事量の変化により、
肥満になって健康状態が悪化してしまう人も多くいます。

そこで問題なるのが『内臓脂肪』

まずは、内臓脂肪がたまる仕組みとそのリスクを理解しましょう。

その上で、内臓脂肪を落とす方法を身につけましょう。難しいことは何もありません。

「自分の健康は自分で管理して守る時代」になりました。
本書を通じ、内臓脂肪を落とすコツをつかんでいただければ幸いです。

ダイエット成功を目指す全ての国民におすすめする一冊!ぜひ、一度ご一読ください!!

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. HY、新曲「キラリ」を配信リリース ローソン『涼感スイーツ』とのコラボMVが公開

    SPICE
  2. はんにゃ・川島の妻、三瓶が娘のために大量に買ってきてくれたもの「わざわざコンビニを回って」

    Ameba News
  3. 2000年代アニメソングコンピレーションアルバム『オールスター・アニソン・ベスト』発売決定

    SPICE
  4. 【6月28日プロ野球公示】ソフトバンクが高橋礼を抹消

    SPAIA
  5. チュニジアのミラス5th作はメジャー感を増しつつエスニックさも強めた『SHEHILI』

    YOUNG GUITAR
  6. ハイヒール・モモコ、ハワイに行って良かったと思った理由「仕事がいくつか来ました」

    Ameba News
  7. 阪神 青木駅から徒歩10分のところに『「コーヒー」と「ソフトクリーム」と「ガチャガチャ」のお店』ができてる

    神戸ジャーナル
  8. 小倉優子、バッサリとヘアカットした姿を公開「可愛すぎる」「お人形さんみたい」の声

    Ameba News
  9. 幾重に重なる紙の幾何学模様 彫刻切り絵作家・輿石孝志が伝える「新世界」

    おたくま経済新聞
  10. 原因不明の腰痛は不良姿勢のせいかも。高齢者でも行える姿勢改善トレーニングを紹介

    「みんなの介護」ニュース