Yahoo! JAPAN

亀田誠治(東京事変)音楽をあわせることの高揚感。 #5

ほぼ日

東京事変のベーシストであり、椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、石川さゆり、ミッキー吉野、山本彩、Creepy Nuts、アイナ・ジ・エンド、yonawoなど、幅広いアーティストのプロデュースやアレンジを手がけてきた亀田誠治さん。
実は、音楽活動のおおもとには、個性的な少年時代の経験があるのだとか。
「ほぼ日刊イトイ新聞」の連載を全10回でおとどけします。
第5回は、はじめてベースラインを弾いたときのエピソードについて。


亀田
その後、喘息も治って、僕はだんだん元気で活発になっていきます。
それで小学校5年生の時かな、これ昭和の家庭とかでよくあるんですけど、この畳の居間にソファーとかを置いちゃったりするんですよ(笑)。
それである日突然、この畳の部屋のソファーの上に、タータンチェックの布ケースに入った、通販で送られてきたクラシックギターが置かれていたんです。
いわゆる雑誌の通販広告にある「誰でも弾けるクラシックギター」みたいなセットだったと思います。「あなたにも弾ける『禁じられた遊び』」みたいな教則本とともに、いきなり届けられて。
たぶん母が、自分でやりたいと思って買ったんだと思うんです。でもこのギターが、全然ケースから出されないまま、置きっぱなしにされているんですね。
僕はもう元気になってます。相変わらず、好きなレコードとかは聴いている。喘息の期間にいろいろ触れたので、僕はもう、ませてて。レコードをいっぱい聴くようになっていました。
そして小学5年生の頃のある日、部屋でビートルズの「青盤」をかけているときに、このギターが、ふと目に入ったわけです。
「何でこのギターが置いてあるんだろう?」そう思って、僕はケースから出して、ちょっとポン、ポンって音を鳴らしてみたんです。
‥‥そのときかかっていた曲がビートルズの「Hello Goodbye」。
なんですけど僕は、曲に合わせて、なんとこのギターで「Hello Goodbye」のベースラインを弾いちゃったんです。弾けちゃったの!

会場
おおー。

亀田
自転車とかスキーとかもそうですけど、子供の頃の「できた!」って、すごい手ごたえがあるじゃないですか。だから「あれ?」って思って。
母親のタータンチェックのギターです。「あなたにも弾ける『禁じられた遊び』」です。それが「僕にも弾ける『Hello Goodbye』」になっちゃった。「えーっ!」と思って。
ベースがどういう楽器なのかもわからないまま、僕はそこからいろんな曲のベースラインを追いかけるのが好きになりました。
たぶん、その姿を見た母が、僕がベースを弾いているとは思わず「誠治がギターに興味を持ちはじめた」と思った気がするんですね。クラシックギターの先生を紹介してくれました。

亀田
今度のギターの先生は、これもう、わかる人にしかわからないんですが、『青葉城恋唄』という歌を歌っていたさとう宗幸さんにそっくりの(笑)。すごく声の低ーい、髭を生やした優しい先生でした。
その先生が『カルカッシ・ギター教則本』という本を教科書に、僕にギターを教えてくれたんです。
小学生ですから、1時間ぐらいのレッスンです。はじめの40分ぐらいで基礎を教わって、また「強く」「弱く」とか指示されて、「じゃあ、来週はここまでね」なんて。
だけど最後、帰る前の5分間に、先生が自分のクラシックギターを自分の前に置いて、叩きはじめるわけです。「♪トンタタントトト、トンタタントトト」とかやって、「じゃあ誠治くんさ、これに合わせて好きなふうにギター弾いてごらん」って言われて。
とはいえ別にそんなに弾けないから、僕も開放弦を、ジャンジャカジャンジャカ弾くだけなんですけど。
でもそれで「リズムが鳴って合奏するの、楽しいー!」みたいな。そういうことを小学校5年生のときに味わいました。
そこからその先生のレッスンについたんですけど、小学校6年生のときにまた転勤があって、東京に引っ越すんですね。
だからそのギターの先生とも1年間くらいしか一緒にいなかったんですけど、すごくその合奏?「人と音楽を合わせるのはこんなに楽しいんだ!」っていうことを、この‥‥ねえ?さとう宗幸さん似だったこと以外にもはや記憶がないんですけど(笑)、その先生から教えてもらったんです。

[日比谷音楽祭2021にて]

(出典:ほぼ日刊イトイ新聞「 僕と音楽。亀田誠治|(5)ベースライン・合奏との出合い。」)

亀田誠治(かめだ・せいじ)
1964年生まれ。
これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、石川さゆり、ミッキー吉野、山本彩、Creepy Nuts、アイナ・ジ・エンド、yonawoなど、数多くのアーティストのプロデュース、アレンジを手がける。
2004年に椎名林檎らと東京事変を結成。
2007年と2015年の日本レコード大賞にて編曲賞を受賞。
2021年には映画「糸」にて日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。同年、森雪之丞氏が手がけたロック・オペラ「ザ・パンデモニアム・ロック・ショー」では舞台音楽を担当。
近年では、J-POPの魅力を解説する音楽教養番組「亀田音楽専門学校(Eテレ)」シリーズが大きな話題を呼んだ。
2019年より開催している、親子孫3世代がジャンルを超えて音楽体験ができるフリーイベント「日比谷音楽祭」の実行委員長を務めるなど、様々な形で音楽の素晴らしさを伝えている。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. HY、新曲「キラリ」を配信リリース ローソン『涼感スイーツ』とのコラボMVが公開

    SPICE
  2. はんにゃ・川島の妻、三瓶が娘のために大量に買ってきてくれたもの「わざわざコンビニを回って」

    Ameba News
  3. 2000年代アニメソングコンピレーションアルバム『オールスター・アニソン・ベスト』発売決定

    SPICE
  4. 【6月28日プロ野球公示】ソフトバンクが高橋礼を抹消

    SPAIA
  5. チュニジアのミラス5th作はメジャー感を増しつつエスニックさも強めた『SHEHILI』

    YOUNG GUITAR
  6. ハイヒール・モモコ、ハワイに行って良かったと思った理由「仕事がいくつか来ました」

    Ameba News
  7. 阪神 青木駅から徒歩10分のところに『「コーヒー」と「ソフトクリーム」と「ガチャガチャ」のお店』ができてる

    神戸ジャーナル
  8. 小倉優子、バッサリとヘアカットした姿を公開「可愛すぎる」「お人形さんみたい」の声

    Ameba News
  9. 幾重に重なる紙の幾何学模様 彫刻切り絵作家・輿石孝志が伝える「新世界」

    おたくま経済新聞
  10. 原因不明の腰痛は不良姿勢のせいかも。高齢者でも行える姿勢改善トレーニングを紹介

    「みんなの介護」ニュース