Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サンド伊達、後輩芸人と趣味の“釣り部”発足するも「もはや、接待だ。」

アメーバニュース

サンド伊達、後輩芸人と趣味の“釣り部”発足するも「もはや、接待だ。」

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが7日に更新した自身のアメブロで、趣味のひとつだという釣りを楽しんだエピソードをつづった。

伊達はこの日のブログで、先日、自身が所属する事務所の後輩でお笑い芸人・トミドコロと、同じく後輩のお笑いコンビ・わらふぢなるおの口笛なるおと魚釣りに出かけたことを報告した。

伊達は「神奈川県の三浦半島・三崎港にて魚釣り。」と説明し、「沢山ある僕の趣味のひとつ『魚釣り』(海釣りに限る)。」と明かした。同時に公開した写真には、釣り竿を片手にカメラ目線の伊達が写っている。

釣り初心者だというトミドコロと口笛なるおは大きなフグや、毒をもつというウミケムシなどを釣ったといい「ハゼが10匹と小鯛、フグ…釣果はこんな感じでしたが、何故かこの2人が魚釣りに完全にハマった…。」と報告。「彼等から『釣り部』を作りましょう!」と言われたことを語った。

しかし、この釣り部について「もはや、接待だ。」と本音を漏らし、後輩2人の送迎や道具、食事まで伊達が手配したことを説明するも、「めちゃくちゃ楽しかったから釣り部が発足されました。」とつづった。

そして釣りの後には、常連だという店で「極上のお刺身」や「特大かき揚げ」などの料理を楽しむ様子を公開。伊達は「今回はみんな僕の釣竿でやったが、次回からはせめて釣竿くらいは自ら用意させようかな。そしたらもっと楽しくなるから。」とコメントした。

この投稿に「ただただ楽しそう」「釣り部入りたい」「伊達さんの優しさがあふれますね」などの声が寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事