Yahoo! JAPAN

絵本の世界に夢中 イオンモール大和で子育てイベント〈大和市〉

タウンニュース

親子で一緒に楽しむ姿が見られた

子育て世代の親子を対象にしたイベント「きて・みて・遊ぼ」が11月17日と18日、イオンモール大和で開催された。これは地域家族しんちゃんハウス(館合みち子代表)と大和市が進める子育て支援事業「笑顔ではぐくねっと」の一環で企画された。

3階のイオンホールでは「絵本の世界」と題したコーナーが設けられ、絵本作家の山本馨夏(けいな)さんがクリスマスや食べ物を題材にしたユニークな絵本を読み聞かせた。子どもたちは身を乗り出して聞き、絵本の世界に夢中になっていた。

3歳の息子と参加した母親は「子どもの読解力をつけたいと思い参加した。音だけを取り上げたものなど新しい絵本が知れて嬉しかった」と笑顔を見せていた。

パネル展示や相談コーナーも

今回は1階で初のパネル展示を行い、7団体が子育てに関する情報を発信したほか、親向けの相談会場も設けられた。

館合代表は「読み聞かせや相談会場は距離を取り、配慮した分ゆったりとできてよかった」と次回に向けて手応えを感じていた。

【関連記事】

おすすめの記事