Yahoo! JAPAN

上野耕平(サックス)&荒井里桜(ヴァイオリン)が演奏を披露 フェンディと東京藝術大学がストリーミングイベントを開催

SPICE

『フェンディルネサンス-アニマ・ムンディ』

2020年9月6日(日)、イタリア・ローマ(Rome)を代表するラグジュアリーブランド・フェンディ(FENDI)と国内唯一の国立芸術総合大学である東京藝術大学とのコラボレーションにより、『フェンディルネサンス-アニマ・ムンディ』と題したストリーミングイベントが行われた。

舞台となったのは、上空約230mから東京を一望することができる東京・渋谷にある展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」と、GINZA SIXにある都会の中で自然を身近に感じられる環境をシンボリックに表現した屋上庭園「GINZA SIX GARDEN」。東京藝術大学音楽学部の学生でバイオリニストの荒井里桜とサクソフォン奏者の上野耕平がイタリア人作曲家ジョアキーノ・ロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」よりフィナーレを、それぞれ2着のフェンディ2020年プレ・フォール・コレクションをまとい演奏した。

上野耕平

上野耕平

荒井里桜

荒井里桜

本イベントは、新型コロナウイルスのパンデミックを経験したあと、「アートファッション、そして音楽を通じた再生」というポジティブなメッセージをコミュニティに届けたいという、フェンディの強い思いから生まれたもの。これまでにも、ローマ、上海にて各国演奏家とともに特別パフォーマンスを行っており、今回はその第3弾にあたる。フェンディは、2013年に東京藝術大学大学美術館で開催したエキシビション『FENDI-UN ART AUTRE~フェンディもうひとつのアート、クリエイションとイノベーションの軌跡~』以降、東京藝術大学への支援を継続的に行っており、今回コラボレーションが実現した。

『フェンディルネサンス-アニマ・ムンディ』は、9月6日(日)よりフェンディ公式サイトおよび公式SNSチャンネルのほか、東京芸術大学の公式サイトおよびツイッターにて配信される。

【関連記事】

おすすめの記事