Yahoo! JAPAN

おうちで簡単に「家庭菜園」プランター不要の土で準備も楽々…おしゃれな栽培キット

SASARU

初夏を迎え、家庭菜園を始める人も増えてくる時期。

初心者やマンションに住む方人でも簡単にできる”栽培キット”が人気を集めているんです。

プランターがいらない土や、インテリアにもなるおしゃれな栽培キットなど…。こだわりのセットで家庭菜園を始めてみませんか?

コロナ禍で家庭菜園が人気!「プランターのいらない土」が注目

つい最近まで雪が降り積もっていた札幌も、5月6日には25度を超える夏本番の暑さを迎えました。

気温が高くなると売れるのが、花や野菜の苗です。コロナ禍でおうち時間が増えるなか、家庭菜園を始める人が増えているんだとか。

札幌市北区のホームセンター『ジョイフルエーケー屯田店』に訪れてみると、野菜の苗だけでも300種類が並んでいました。

近年は、初心者でも簡単に始められる商品が増えているそう。特に人気の商品が、畑やプランターがいらない野菜用の土。そのほかに必要なのは、苗と支柱だけです。

特に人気の商品が、大手飲料メーカーのカゴメが販売している「そのまま育てる トマトの土」

袋をあけてから苗植えまでかかった時間は、わずか2分です。あとは、土が乾かないように定期的に水をあげるだけで良いんだとか。

ツルが成長したら、支柱を立てて巻きつけます。

ジョイフルエーケー屯田店の鈴木 貴之さんは「同商品はヤシの繊維でできているので、栽培が終わってそのまま燃えるごみとして捨てられる。非常にやりやすい商品なのかなと」と話します。

可愛らしい栽培キットはインテリアにも

さらに簡単に始めたい人には、マンションなど室内でも気軽に育てられる栽培キットがおすすめです。インテリアにもなる、おしゃれなデザインが魅力的!

可愛いデザインのものが多いので、女性客が購入することが多いんですって。

おすすめの商品は、手入れが簡単なミニトマト。水に種をつけて、4~5時間待ちます。あとは、プランターに土を入れて種をまくだけ。

家庭菜園が未経験のみんテレスタッフでも、簡単に準備ができましたよ~。

プランターのサイズは、縦横12センチ程度で場所をほとんど取りません。3ヵ月ほどで成長し、20個前後のミニトマトができるそうです。

難易度が低く、簡単にできる家庭菜園。

今の時期から始めれば、夏の楽しみが増えそうですね。

*みんテレ5月6日OAのものです

【関連記事】

おすすめの記事