Yahoo! JAPAN

犬が『ご飯を食べたくない』と言っている時にする仕草や行動4選

わんちゃんホンポ

1.ご飯から離れる、背を向ける

犬がご飯を食べたくないと思っている時には、シンプルにご飯に近づかないようにしたり、ご飯に対して背を向けたりします。

お腹が空いていない場合や出された食べ物に不満がある場合、体調不良で食欲がない場合などさまざまな場面で見られる行動です。

食欲自体はあるものの、食事内容に不満がある場合などは出されたフードボウルを一度のぞきに来てから去って行ったり、ほかのものが出てこないか期待して、飼い主さんの目をしばらく見つめてから諦めて去って行ったりすることがあります。

ここで飼い主さんが「仕方ないなぁ」とほかの食べ物に変えたり、トッピングをしたりすると犬は食べずに待てばもっとおいしいものが出てくると学習してしまうので注意しましょう。

2.においを嗅ぐだけで食べない

犬は嗅覚が鋭いため、においで食べ物が安全であるか、何が入っているかなどを判断します。

食欲はあり、ご飯は食べたいと思っていても自分が望むものではない場合、においを嗅ぐだけでどこかに行ってしまったりその場で待っていたりする仕草が見られます。

においを嗅いで、食べ飽きたものだったり、好きではないものが混ざっていることがわかったりすると食べることをやめてしまう犬は少なくありません。

食べ物に興味を示してにおいを嗅いでいるということは、体調不良で食べないという可能性は低いので、食べ物に関してわがままにならないように慎重な対応が必要です。

3.一度口に入れてから出す

ご飯を出した時に興味を示し、食べ始めたにも関わらず数口でやめてしまったり、口に入れたものをペッと吐き出したりする時は「これは食べたくない」という意思表示です。

においを嗅いでから食べることをやめるのと同様に、食欲はある場合に見られる行動なので、わがままを助長しないような対応をしなければなりません。

ただし、口に入れてから吐き出す場合は何らかの原因で上手く飲み込めない、口の中に痛みや違和感を感じているということも考えられます。

口内に炎症や傷があったり、老化によって嚥下能力が低下してしまったりということから食べる行為がスムーズにできなくなってしまうことがあるのです。

おやつなどを与えた場合でもこうした様子が見られる場合は、口内を含めた体調を確認するといいでしょう。

そして、必要に応じて動物病院で治療を受けながら、噛んだり飲み込んだりしやすい水分の多い食事に切り替えるなどの対応をしましょう。

4.フードボウルを鼻で遠くに押しやる

出された食事を食べたくない時に、その気持ちを飼い主さんに伝えようと強くアピールするためにフードボウルを鼻で押す仕草をする犬もいます。

「これじゃないものが食べたい」「これはいらない」という気持ちを飼い主さんに気づいてもらうために、飼い主さんの方に向かって押してくる犬もいますし、自分からただ遠ざけるために部屋の隅まで押しやる犬もいます。

はじめのうちは食事に背を向けたり、横に伏せたりしていただけでも、次第により強いアピールをしようと思ってこのような行動を取るようになっていくことがあります。

また、飼い主さんの注目を集めたり希望を伝えようとしたりして、フードボウルをひっくり返すなどより激しい行動に移っていくこともあります。

まとめ

犬はご飯を食べたくないと思っている時、ご飯に背を向けたりフードボウルを遠ざけたりする行動が見られます。

また、においを嗅いでから食べることをやめたり、口に入れたにもかかわらず吐き出したりすることもあります。

このような行動をした時に、すぐに他の食べ物を出してしまうと食事に関してわがままになってしまう可能性があるので注意しましょう。

ただし、食欲がない様子が続いたり、口に入れた時に痛みを感じているような様子が見られたりした場合は、身体的なトラブルが起きていることも考えて全身のチェックをしてあげてください。

【関連記事】

おすすめの記事