Yahoo! JAPAN

カカリ釣りで40cm頭にクロダイ22匹快釣 数釣り達成は濁りのおかげ?

TSURINEWS

カカリ釣りでのクロダイ釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・山口昇)

三重県鳥羽市答志島桃取の光和丸に釣行。活性は高くなかったが、波立っていたことで濁りがあり、クロダイ28~40cm22匹の釣果を得たカカリ釣りの模様をリポートする。

光和丸でクロダイ狙い

8月29日は三重県鳥羽市答志島桃取の光和丸に釣行した。午前5時半に出船、浮島、牛島を経由して井尻前のカセに渡った。

刈谷湾の中ほどにイカダとカセがあり、水深はおよそ10m。答志島のなかでは比較的流れが緩い釣り場だ。この日は北西風が強くて釣りづらそうな状況だが、8月に入ってどの釣り場も釣果は上向いており、期待して準備に取り掛かった。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・山口昇)

当日のタックルは、サオはアルティメイトスペック1.55BH(改1.5m)に下向きリール。ラインは1.5号通し、チヌバリ3号を結び、午前6時半、ポイント作りを優先してダンゴ釣りで始めた。

開始早々本命キャッチ

水深分ラインにマーキングしてオキアミで様子を見る。ダンゴが割れて軽くなじませると、わずかながら湾外に流れている。まず釣れてきたのは良型のキス。3投目あたりで、わずかに押さえ込んでいるような、波のような?穂先で聞くと食っている。軽くアワせてラインを巻き取ると良型の手応えが伝わり、無理せず取り込んだのはクロダイ36cmだった。

数投繰り返すが反応はなく、中層からコーンを落とし込むと着底と同時にスーッと引き込むアタリ。これも十分な手応えがあり、先ほどと同サイズを取り込んだ。

刈谷湾の中ほどにある井尻前のカセ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山口昇)

しばらくしてひと回り小さいサイズを追加。この後は遠巻きになったのかアタってこない。打ち返しを続けるが、そう活性が上がるわけでもなく、エサ取りも少ないようだ。しばらくすると底付近には良型のアジが寄りだしたが、ボラの気配はない。

テンポよく打ち返し40cm頭に追加

そんななか、一定のテンポで打ち返しを続けていると、ポツリポツリとアタリを捉えられるようになってきた。サイズは35cm前後が多く十分手応えがある。2、3匹釣るとしばらく食い渋るといったパターンを繰り返し、午前10時前には連続する場面も見られ、当日最長の40cmを取り込んだ。このサイズにしてはよく走り回ってロープのようなものに引っ掛かったが、ラインを緩めるとうまく外れた。

若干強風が収まり、パラソルをセットして休憩に入る。正午前、ダンゴを作って再開すると、わずかながらボラアタリがあり、ポツリポツリと本命のクロダイがアタりだした。サイズは30cm前後でひと回り小さい。

だがこれも長く続かず、食い渋ったところでポイント周囲を探るが空振り。止める、流すなど、魚の活性や潮の流れを見ながら釣り方に変化を持たせて探るが、後半は厳しい状況が続いた。

当日の最終釣果

変化が出てきたのは午後3時前になってから、オキアミを少し流したところでわずかに押さえ込むアタリ。これをアワせて38cmを、しばらくして30cmを追加して、午後4時納竿した。

当日の釣果はクロダイ28~40cm22匹。誘って反応したのは午前中に一度だけで、活性は高くなかったが、波立っていたことで濁りがあり2ケタ釣ることができた。

話はそれるが、昨年の同時期にスカリを上げると思ったより魚が少ないことがあった。後日スカリを確認すると、底のワイヤー近くに穴があり修理した。今後は数釣りに移行する時期でもあるのでしっかり準備したい。

しばらく暑い日が予想されるので、水分、パラソルなど暑さ対策を万全にして釣行してほしい。

<週刊つりニュース中部版APC・山口昇/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年9月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postカカリ釣りで40cm頭にクロダイ22匹快釣 数釣り達成は濁りのおかげ?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事