Yahoo! JAPAN

犬の『問題行動』が直らない!成犬でもしつけってできるの?

わんちゃんホンポ

成犬の問題行動を直す方法としつけ

問題行動を起こす愛犬に対して冷たい視線や言葉を浴びることがあるかもしれません。

しつけをしていない悪い飼い主だと思われるのではないかと不安なることがあるかもしれません。

成犬の問題行動の主な原因は飼い主とのコミュニケーション不足です。気持ちが通い合っていないのです。

問題行動を放っておく飼い主はいないと思いますから、しつけの方法が愛犬に合っていなかったり、上手く伝わっていないだけなのです。

相手は言葉で説明しても理解することができない犬なのですから、「どのようにしたら愛犬に理解してもらえるだろうか」と考えてみましょう。

まずは飼い主が愛犬の気持ちを理解してあげられるよう努力することも大事です。

「体験」が「行動」になる

犬は自信が体験した出来事によって行動をします。

例えば、“激しく吠え続けたらおやつがもらえた”という体験をした場合、おやつをもらうために激しく吠えるという問題行動を起こす犬になってしまうことがあります。

おやつがもらえるまで吠え続けます。悪い行動と良い体験が結びついてしまったのです。

この問題行動を直すためには、良い行動と良い体験を結びつけなければなりません。

初めは「吠えるのをやめたらおやつをあげる」としてみてください。吠えてもおやつはもらえないと理解できた時、静かに待てるようになります。

これでおやつを要求するために吠え続けることをやめるはずです。

「叱るしつけ」ではなく「褒めるしつけ」をする

しつけのためだと言って叱りつけたり体罰を与えたりすると、愛犬にとって飼い主は恐ろしい存在になってしまいます。しつけも上手くできませんし、飼い主を避けるようになってしまいます。

時には問題行動を厳しく叱ることが必要な場合もありますが、しつけの知識や技術のない飼い主が適切に行うのは難しいです。タイミングが悪ければ犬に悪影響を及ぼします。

そのため、叱るしつけではなく褒めるしつけをすることが問題行動を直すために大切なことなのです。

例えば飼い主の手を噛んだ時、怒鳴ったり叩いたりケージに閉じ込めたりせず、飼い主が他の部屋に移動してください。

しばらく時間をおき、同じ部屋に戻って手を差し出してみます。噛まなければ褒めてあげて良いです。

噛んでも構ってもらえないこと、噛まなければ褒めてもらえることが理解できれば問題行動を直すきっかけになるでしょう。

無視をしてはいけない

愛犬が問題行動を起こした時、無視をすることがありますよね。

無視をするという方法でしつけを行おうとするのはおそらく飼い主だけです。

ドッグトレーナーや訓練士が無視をするというしつけを行うことがあるでしょうか。無視をしても問題行動は直りません。

無視をしたことで問題行動が直ったというのであれば、犬が「○○をしてはいけない」と理解したのではなく、悲しみを与えたからでしょう。

心に傷を負ってしまったのです。傷が癒えれば問題行動が復活する可能性が高いです。心の傷が他の問題行動を生む可能性もあります。

ひとりで悩まず専門家に頼る

愛犬の問題行動を飼い主や家族だけで直そうとする必要はありません。

ストレスになったり生活に支障が出ることがある場合、問題行動のせいで近所迷惑になったり他人に危害を加える恐れがあるなどする場合には、専門家に頼ってください。

問題行動の原因が飼い主が思っていることと違うかもしれません。しつけの方法が逆効果を与えているかもしれません。分からないことはどんなにひとりで悩んでも解決できません。

最近では、成犬が犬の幼稚園に通うケースが増えています。飼い主が仕事に出ている間に愛犬を預け、幼稚園で社会性やしつけを学ぶという方法です。他の犬と一緒に学ぶことも可能ですし、トレーナーと一対一で学ぶことも可能です。

まとめ

犬の問題行動が直らない原因は飼い主や暮らす環境にあることがほとんどです。

問題行動を生まれ持つ犬はいません。

子犬の頃に全くしつけを行っていなかった成犬でもしつけることが可能です。

飼い主や家族だけでは難しいかもしれませんが、しつけ教室や幼稚園など専門家のいる施設を利用することができます。

【関連記事】

おすすめの記事