Yahoo! JAPAN

高校野球神奈川大会、組み合わせ決まる 7月10日開幕、開会式はなし〈海老名市・座間市・綾瀬市〉

タウンニュース

組み合わせ抽選会の様子

第103回全国高等学校野球選手権神奈川大会の組み合わせ抽選会が5日、横浜市西区の県立青少年センターで開かれ、参加各校の対戦相手が決まった。昨年は新型コロナウイルス感染拡大で中止となり2年ぶりの選手権開催。県内189校が参加し、連合を含めて176チームが出場し、7月10日から県内11会場で試合が始まる。

決勝は保土ケ谷で

大会初日の7月10日はサーティーフォー保土ケ谷球場、大和スタジアム、サーティーフォー相模原球場、等々力球場の4会場で8試合が組まれた。開会式は実施しない。東京五輪の野球で横浜スタジアムを使用するため、決勝戦は1975年以来46年ぶりに保土ケ谷球場で行われる。

観客は1回戦から人数制限を設けての有観客で、入場制限は各会場で調整中。5回戦から決勝戦は前売り販売を予定していて、決まり次第、公表される。

3市8校の対戦相手

海老名、座間、綾瀬市内からは公立高校8校が出場する。相模向陽館は横浜旭陵、中央農業は厚木清南と愛川との合同チームを組む。各校の対戦相手は次の通り。曜日の後のカッコは試合会場。【1回戦】◎座間/10日(土)(相模原)午前10時〜鶴見大附◎綾瀬/10日(土)(大和)午後1時〜港北◎綾瀬西/10日(土)(相模原)午後1時〜サレジオ学院◎座間総合/11日(日)(保土ヶ谷)午後1時〜武相◎有馬/12日(月)(小田原)午後1時〜大船

【2回戦】◎中央農・厚木清南・愛川/13日(日)(秦野)10時〜厚木西と新栄の勝者◎海老名/15日(木)(大和)午後1時〜逗葉と平塚湘風の勝者◎相模向陽館・横浜旭陵15日(木)(薬大)午後1時〜横浜サイエンスフロンティア

【関連記事】

おすすめの記事