Yahoo! JAPAN

小松菜奈 主演映画会見で涙!“抜け殻状態”になったと告白「自分の人生と役の人生が重なって…」

フジテレビュー!!

小松菜奈が主演を務める映画「余命10年」のジャパンプレミアが、1月24日に行われ、小松と、共演の坂口健太郎、山田裕貴、奈緒、黒木華、原日出子、松重豊、監督の藤井道人が登壇した。

本作は、ヒロインと同じく難病を患い余命10年を生きた小坂流加の同名小説が原作。自らの余命を知り、もう恋をしないと決めた高林茉莉(小松)と、生きることに迷い、自分の居場所を見失った真部和人(坂口)のありふれた毎日が輝き出すという、切ないラブストーリー。

左から)藤井道人監督、原日出子、奈緒、坂口健太郎、小松菜奈、山田裕貴、黒木華、松重豊

小松は、「この企画のお話をいただいてから、本当にいろいろな物語があって。こうして完成できたこと、今この場に立てていることを、嬉しく思いますし、感無量です。この(撮影期間の)1年は、みんなで前を向き続けました。映画『余命10年』が、これからたくさんの人に届いてほしいと、心から願っています」と涙を流しながら、あいさつ。

坂口は、「本当に、おととしからこの作品に携わってきて、本当に撮影期間は宝物のような時間でした。生き切ったな、と。この作品を見たときに、自分でもここまで感情があふれることがあるんだなと、驚きました。この作品は、茉莉ちゃんや和人たちの愛にあふれた作品になっています」と語った。

茉莉と和人の中学時代の同級生役を演じた山田は、「一足先に試写でこの作品を見たときは、自分の中の負の感情が渦巻いていた時期だったのですが、『あぁ、生きよう。強く生きよう』とすごく思いました。シンプルな気持ちでいいので、そういうものがたくさんの人に届いたらいいなと願っています」とコメント。

茉莉の大学の同級生で親友役の奈緒は、「1年という時間をかけて、みんなで撮影をして、1つの作品を作っている間に自分自身、たくさんの思い出が出来ました。このチームに参加することが出来て、本当によかったです。みんなの姿を、こんなに長い時間を通して、そばで見れるということは、自分にとっても幸運な1年でした」と振り返った。

桜が登場するシーンが印象的な本作。小松は、「出会いの場面は、桜が吹雪くのですが、ここから和人と茉莉の関係性が始まっていく、さわやかなシーンなんです。(この作品は)茉莉と和人が何がきっかけで惹かれあったのかを明確にしていないのが好きで、和人の屈託のない笑顔が茉莉にとって救いだったのかなと、思いました」と明かした。

また、「撮影現場には、大きな扇風機が現場に置いてあって、ものすごい音を立てていたんですけど(笑)。(茉莉と和人との大切な)出会いのシーンだったので撮影では、『さわやかに、さわやかに』と思いながら、2人が歩んでいく道を想像しながら、歩みました。映画で見ていてもとてもきれいなシーンだったので、桜は日本の誇りだなと思いました」と振り返った。

坂口は「この作品は、桜がすごく印象的なシーンで映っていて、出会いのシーンでバッと風が吹いて、2人の目が合う。そこが2人の関係性の美しいスイッチが入ったような気がしていたんです。(1年を通しての撮影だったので)四季の美しい映像を撮れたので、景色にも感情移入をしてしまうわけではないですけど、そういう感覚で撮影をしていました」と語った。

1年にわたる撮影を振り返り、小松は「この茉莉という役を演じ終えた後は、抜け殻状態で燃え尽きたという感覚で、次の仕事にすぐには進めないぐらい、不思議な時間でした。自分の人生と役の人生が重なって、2つの人生を歩み続けていくことは、今までなかったです。大好きな現場でしたし、この大切な作品を作れたということは、自分にとって宝物になりました」としみじみと語った。

フォトセッション時の様子

映画「余命10年」は、3月4日(金)より、全国公開。
©2022 映画「余命10年」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

最新情報は、映画「余命10年」の公式サイトまで。

【関連記事】

おすすめの記事