Yahoo! JAPAN

広瀬アリス 西野七瀬 飯豊まりえ、女子トークで発見した共通点は「みんなちょっと変」

ドワンゴジェイピー

広瀬アリス 西野七瀬 飯豊まりえ、女子トークで発見した共通点は「みんなちょっと変」

広瀬アリスがGP帯ドラマ初主演を務める『恋なんて、本気でやってどうするの?』。

「恋なんて、人生のムダ!」と宣言する恋愛経験ゼロの女子・桜沢純を広瀬が、純と高校時代からの親友で「安定が一番」と20代前半で初彼氏と流されるように結婚した清宮響子を西野七瀬が、純・響子の親友で明るくポジティブでオシャレなイマドキ女子「コスパ重視」の恋愛観を持つ真山アリサを飯豊まりえが演じる。

撮影裏で行われた“女子会トーク”の内容や人生観、それぞれが思う仕事とプライベートの切り替え方法などを語ってもらった。

個性豊かな登場人物 共通点は「みんなちょっと変」


──親友同士を演じた皆さんですが、今回の撮影を通して3人の距離は縮まりましたか?


広瀬:飯豊とはSeventeenモデルで一緒だったんですが、七瀬ちゃんとは今回が初めてでした。距離感は縮まったと私は思っています。

西野:私もそう思います。まりえちゃんには壁をものともせずにズンズン仲良くなれる特殊能力があるので(笑)、まりえちゃんのおかげで縮まったところもあると思います。

飯豊:持ち前の特殊能力で(笑)。ただ、アリスちゃんとは先輩・後輩の関係性でしたし、七瀬ちゃんとは以前共演させてもらって、プライベートも遊ばせてもらったりしていたので、中立な立ち位置だったんです。だから、距離を縮めるために特に意識してなにかをした、というわけではないです。

──撮影現場ではどんな話をしていたんですか?


広瀬:3人のシーンが毎話出てくるので、その時にいろいろ話しましたが、そんなに大事な話はしていないんです(笑)。女子会ってそんな感じですよね。

飯豊:健康にいいものを教えあったり、昨日のご飯はなにを食べた、とか。


広瀬:健康系は多かったですね。


──3人の共通点はなにか見つかりましたか?


広瀬:このドラマは主に6人の登場人物がいるんですが、みんなちょっと変なんです。


飯豊:そこが共通点?(笑)

広瀬:恋愛ドラマを撮っていると、やっぱり「何フェチ」とか「どんな仕草が好き」というような話になるんですけど、男性陣も含めて、みんなちょっと変わってました。



飯豊:この並びだと「変わっていることを言いたくなる」ところがあるんですよね。話を盛って、笑えるようなものを言ってみる、みたいな(笑)。


西野七瀬「感情が出ている時の声がすごく好き」


──ちなみに、どんなフェチの話が出たんですか? 


広瀬:私は特になかったんです。だからみんなすごい変わっているなと思っていました。

──西野さんは?


西野:フェチかはわからないけど、男女問わず「叫んでいる声」とか「怒鳴っている声」とか「泣いている声」が好きなんです。

飯豊:その話してた!「アリスちゃんの泣きがすごいよかった」って。

西野:アリスちゃんが泣いちゃうシーンがあるんですけど、それを見た時に、すごくいい泣き声というとおかしいけど、なんかよかったんですよ。


広瀬:あはは。


西野:普段聞けない声というか、普通に話したり楽しく過ごしていたりしていたら絶対に聞けない声なので、作品を通してではありますが、感情が出ている時の声がすごく好きなんです。


人生計画は「考えたとしても絶対にその通りにはならない」


──作品の中では、純が独身のままでいる想定でマンションを購入するなど、先々の計画を立てている場面がありますが、皆さんは人生計画を細かく立てるほうですか?


広瀬:あまり立てないです。立てちゃうとつまらない。「ここまで頑張る」と決めてしまったら、しんどくなってしまうと思うんです。だから割りとがむしゃらに生きて、だめになったらパッと手放して、また新しいことを始める、とか。そういうほうが私の性格に合っています。

飯豊:私も、直感で「自分が楽しい」と思えるものがいいと思っています。やることが多いより、なるべく少なくシンプルにしたいところがあるので、あまりやりたいものを決めずに過ごすことが多いです。でも、決まっているお仕事は把握しておきたいタイプです。ひとつ作品が終わってから「次はこれをやります」と教えてもらうより、前もって知っておきたい。


──飯豊さんは、計画はしないけど準備はしたいタイプなんですね。

飯豊:そうですね。台本をいただいたらその時に覚えちゃうんです。


──西野さんはいかがですか?


西野:私も、先のことはあまり考えないですね。「何歳ごろに何をしたい」とか、そういったことはないです。

──たとえば、結婚の年齢とかも想定はしないですか?


西野:考えたとしても絶対にその通りにはならないので、あまり考えないタイプですね。


仕事のオンオフ 「着替えるのがめっちゃ早い」のは?

──お仕事とプライベートのバランスの取り方も今作では描かれているように思います。みなさんは、スイッチの切り替えをどのように意識していますか?


西野:私は、友達と遊ぶのが一番の息抜きですね。急に予定を決めて行動するのもすごく好きなんですけど、たとえばこの子と約束できたから、その日に向けてお仕事頑張ろう、とモチベーションになることもあります。

──広瀬さんはいかがでしょう。


広瀬:家に帰ることが一番ホッとします。家にワンちゃんがいるので、私は仕事が終わってから帰るのもめっちゃ早いんです。秒で帰ります(笑)。昨日も、生放送が終わって1、2分後には車に乗っていました。

西野:早い!着替えるのめっちゃ早いから。


広瀬:めっちゃ早い。終わった瞬間にアクセサリー取り始めて、歩きながら全部取って、洋服のボタンも外してる(笑)。部屋に入った瞬間バッと着替えて、帰る。


──コロナ禍だと少ないかもしれませんが、突然「帰りにご飯行こうよ」と誘われるのもだめですか?


広瀬:基本、断ります。ワンちゃんがすごく大事すぎて、依存しているんです(笑)。


──飯豊さんはどうですか?

飯豊:コーヒーや紅茶、お茶を入れている時間が、ちょっと一息つくタイミングです。家でも現場でも、ちょっと頭をスッキリさせたい時にリセットする感じです。でもあまり、オンオフがあるタイプではないです。常にオンといってもオフといってもいい。お仕事だからやってほしいことの要点は覚えるけど、嘘もあまりつきたくないので、自然体でいたいと思っています。だからストレスみたいなものはあまりないですね。


──ありがとうございました!

 

取材・文・撮影:山田健史



【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「アウトドアでもインドアライフ」を実現!? 移動も宿泊も自由自在なキャンピングカーの魅力をオーナーに聞いた

    GetNavi web
  2. ヒイカエギングにアジングタックルを流用するメリット3選 釣り方も解説

    TSURINEWS
  3. 【新店】大和西大寺駅中に誕生!オールドボトルがお手頃な値段で飲めるバー|お酒の美術館 西大寺駅店

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  4. 黒酢の効いた酸辣湯麺が食べたいなあ

    ソトコトオンライン
  5. 【6月26日プロ野球公示】ヤクルトが坂本光士郎と嶋基宏を抹消、小澤怜史と松本直樹を登録

    SPAIA
  6. 華原朋美、2日連続でディズニーランドを満喫「たのしいよーぉ!」

    Ameba News
  7. 2歳で自閉症と診断された息子「勘違いしていた」

    Ameba News
  8. 新生履正社の「走塁革命」ストップ・ザ・大阪桐蔭の1番手いざ出陣

    SPAIA
  9. 進化する「シン・腰越」に注目! 「江ノ電自転車ニキ」ディランさんに、腰越のいいところを教えてもらいました

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 【吉本興業110周年感謝祭 よしもとお笑いライブ ~笑い浴びる夏到来!~in魚沼2022】ベテランから注目コンビまで。人気芸人たちが魚沼に大集合!

    日刊にいがたWEBタウン情報