Yahoo! JAPAN

タクシーに“メニュー”を用意した運転手 ユニークな取り組みが話題に(米)

Techinsight

タクシー運転手のユニークな取り組みに「体験してみたい」の声も(画像は『Republic World 2021年5月2日付「‘Creepy, Karaoke, Drunk...’: Taxi Driver Offers Passengers Ten Ride Options To Choose From」(Image Credits: Unsplash/Reddit)』のスクリーンショット)

「Uber」や「DiDi」など様々な配車サービスが普及し始め、以前よりも気軽にタクシーを利用する人が増えた。そんな中、アメリカのタクシードライバーが“メニュー”を用意するという面白い試みを始めたことが話題になっている。『Mirror』などが伝えた。

アメリカの配車サービス「リフト(Lyft)」の運転手を務めるキャメロンさん(Cameron)は、お客を乗せたときに見てもらっているという“メニュー表”の画像を海外掲示板サイト「Reddit」に投稿した。

「キャメロンの車へようこそ! 快適なドライブを提供するため、こちらに様々なメニューを用意しました。1つ選んでいただき、(“選ばない”というメニューもあります)リラックスしてドライブを楽しんでください」

細長い紙に書かれたメニュー表の上部にはそのように説明が書かれており、その下には10個のメニューが並んでいた。

1、気まずいドライブ「このメニューを完全に無視して、私達は到着するまで話さずに黙っています」
2、面白いドライブ「私がジョークを話したり、過去に経験した恥ずかしい話を提供します」
3、静寂のドライブ(説明なし)
4、気味の悪いドライブ「私は何も話さず、運転中はバックミラー越しにあなたのことをじっと見つめ続けます」
5、カラオケドライブ「1980年代から2000年代のヒット曲、またはあなたの好きな曲などを2人で歌って楽しみます」
6、シャボン玉ドライブ「到着するまで一緒にシャボン玉を吹き続けます」
7、世間話ドライブ「最近の異常気象について話したり、もし何かの試合を見た後であればそれについて話します」
8、すっきりドライブ「あなたは自分が抱えている問題の愚痴を言い続け、ストレス発散をします」
9、酔っ払いドライブ「あなたは私の車の中で嘔吐します」
10、お決まりドライブ「あなたは『どのくらい時間がかかる?』と私に尋ねます」

キャメロンさんのユニークな取り組みには大勢のユーザーが興味を示しており、以下のようなコメントが2000件以上寄せられて盛り上がりを見せた。

「気味の悪いドライブを体験してみたいね」
「シャボン玉ドライブから気味の悪いドライブをして、最後は酔っ払いドライブかな。アイスクリームみたいにいろんなメニューを混ぜることはできるかな?」
「酔っ払いドライブは最悪すぎる」
「頼んでも無いのに“気味の悪いドライブ”をさせるドライバーっているよな」
「これはすべてのタクシーが採用するべきじゃない?」

ちなみに一部のユーザーから「1番と3番の違いって何?」と尋ねる声が見られた。これは最初にメニューの番号を伝えるか伝えないかの違いで、乗っている間に静かな時間が流れるのは変わらないようだ。

画像は『Republic World 2021年5月2日付「‘Creepy Karaoke Drunk...’: Taxi Driver Offers Passengers Ten Ride Options To Choose From」(Image Credits: Unsplash/Reddit)』『PmP_Eaz 2021年4月30日付Reddit「Welcome to Cameron’s car」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

【関連記事】

おすすめの記事