Yahoo! JAPAN

【ついに最終回】早くも”おじカワロス”続出中!カワイイものが結んだおじさん二人の行く末は…?

anna(アンナ)

Ⓒ丘上あい/講談社・読売テレビ

俳優・眞島秀和が主演を務める連続ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』(読売テレビ、毎週木曜午後11時59分放送)の最終話が、2020年9月10 日(木)に放送されました。

一見ダンディーなイケオジなのに、実は可愛いキャラクターが大好きという“ギャップ”に、ハートを掴まれる視聴者が後を絶たず、Twitter上でも大きな話題を呼び、最終回放送前から、「もう最終回なんて早すぎる。毎週とっても癒されていたのに…シーズン2を熱望します」「もう終わっちゃうなんて寂し過ぎる」と、惜しむ声が続出していた本作。

心がすれ違ってしまった“同志”のふたりはどうなってしまうのか!? 早速、あらすじをご紹介します!

■最終回のあらすじ

©ツトム・COMICポラリス/読売テレビ

小路(眞島秀和)とケンタ(今井翼)が一緒に進めていたオフィスリニューアルは無事取引先から承認され、いよいよ施工という時を迎えていた。

だが小路は、「しばらく小路さんと会えないです」というケンタの言葉がよぎり、心が晴れない。ケンタへのサプライズにと応募し当選した“パグ太郎ドリームショー先行体験”のCMを見ては、切なくなるのだった。ケンタに出会う前のひとりでパグ太郎を推していた頃に戻るだけだと、自分に言い聞かせる小路。

©ツトム・COMICポラリス/読売テレビ

真純(藤原大祐)のもとには、出版社から漫画家デビューに向けて話がしたいとの連絡が。真純は鳴戸(桐山漣)に、うれしくも不安な胸の内を明かす。そんな真純に鳴戸は、「俺は君の漫画をとても面白いと思った」と話す。

©ツトム・COMICポラリス/読売テレビ

オフィスリニューアルの施工当日。来る予定のなかったケンタが突然現場に現れ、小路は驚く。何食わぬ様子のケンタに対し、つい意地を張ってしまう小路。鳴戸は、これまでとどこか違う様子の2人を見て調子が狂う。

部下たちも心配するほど意気消沈した小路は、ケンタからもらったパグ太郎のメガネ拭きをオフィスで落としてしまう。同僚たちの前で小路がプレゼンをしているところにメガネ拭きを拾った清掃員が現れ、再び“ヲタバレ”のピンチに。

©ツトム・COMICポラリス/読売テレビ

小路が動転していると、鳴戸がそれは自分のものだと申し出、メガネ拭きを受け取って会議室を出て行ってしまう。鳴戸の狙いは果たして……。

そして迎えた“パグ太郎ドリームショー”当日。心がすれ違ってしまった“同志”のふたりに奇跡が訪れる!?

いよいよ迎えた最終回も、怒涛の展開で最後まで目が離せませんね。見逃した方は要チェックです!(文/anna編集部)

【画像】
※ ©ツトム・COMICポラリス/読売テレビ

【関連記事】

おすすめの記事