Yahoo! JAPAN

料理を上げる【カルディ】の『缶詰5選』実食レビュー!おつまみにも♪

ウレぴあ総研

【カルディ】オシャレでおいしい缶詰たち!

災害時や体調を崩して買い物に行けないときに缶詰があると便利ですよね。

国内外のさまざまな食材を取り揃えているカルディには、見た目がおしゃれでおつまみや料理に使える缶詰を豊富に取り揃えています。

「上海風スペアリブ」や「海老のアヒージョポルトガル風」「まぐろのパテ」など世界の料理がおうちで楽しめます。今回は、カルディで買えるおすすめの缶詰と食べ方をご紹介します。

まぐろパテ ローズマリー&ケッパー 70g 213円(税込)

うまいめし


【カルディ まぐろパテ】フランスの定番料理 

フランスの定番料理「パテ」。

肉や魚などを細かく刻み、ペースト状・ムース状に練り上げたもので、パンに塗るだけで手軽にフランス気分を味わえます。

今回はカルディオリジナルの「まぐろパテローズマリー&ケッパー」を購入してみました。

見た目やにおいはツナのような感じですが、スプーンですくってみるとやわらかくなめらかなペースト状。

ケッパーの塩気と酸味がアクセントになっていて、クセになる味わいです。

ローズマリーの爽やかな香りが、ふわっと鼻に抜けます。

カリッと焼いたバゲットに乗せて食べてみました。

バゲットに塗ってお皿に盛り付けるだけで、なんだかオシャレな一品に。

ホームパーティーやおもてなしにぴったりです。

海老のアヒージョ ポルトガル風 60g 300円(税込)

うまいめし


【カルディ 海老のアヒージョ】タイル調のパッケージがかわいい 

青いタイル調のパッケージがかわいい「海老のアヒージョ ポルトガル風」。

こちらもカルディのオリジナル商品です。

原材料は海老やマッシュルーム、にんにく、唐辛子など。

海老のアヒージョにブランデーを加えて香り付けをしています。

ポルトガルは日本と同様に海が近く、海の幸が豊富な国。

筆者もポルトガルを旅行したときは海鮮ばかり食べていました。そんなポルトガルの味が日本で食べられるなんて…!

缶を開けてみると、濃厚な海老の香りがガツンとやってきます。においだけでもうおいしいに決まっています…。

中には殻付きの海老が3つとマッシュルームが入っていました。
温めると海老とにんにくの香りがさらに引き立ちます。

海老のうまみがたっぷり詰まったオイルを余すことなく味わいたかったので、耐熱皿にじゃがいもとブロッコリー、アヒージョを入れてオーブントースターで温めていただきます。

殻付きの海老はそのまま食べられますが、少し口の中に残ってしまうので苦手な人は取り除いた方が良さそうです。

海老の濃厚なうまみとにんにくの香り、唐辛子のピリッとした辛さが最高の組み合わせです。

黒酢香る 上海風スペアリブ 140g 383円(税込)

うまいめし


【カルディ 上海風スペアリブ】パンダのイラストがかわいい 

パンダのイラストがかわいい「黒酢香る上海風スペアリブ」。

スペアリブを黒酢と紹興酒入りのタレでやわらかくなるまでじっくり煮込んだ商品です。

原材料は豚肉、醤油、砂糖、水飴、紹興酒、黒酢など。

これらの材料を集めてスペアリブを作ろうと思うと大変なので、缶詰で本場上海の味わいを楽しめるのはうれしいですよね。

缶を開けてみると、骨付きのスペアリブがゴロッと入っていました。

黒酢入りの甘辛いタレの香りが食欲をそそります。

スペアリブはお箸で簡単に崩れるほどホロホロ。

タレがしっかり染み込んでいて、見るからにご飯に合いそう。

ということで、あつあつの白ご飯にのせて、半熟卵とねぎをトッピングして食べてみました。

黒酢が効いた甘辛いタレがご飯と相性バツグン。スペアリブの赤身の部分はほろほろで、脂身はとろとろ。脂がしつこくないのでいくらでも食べられます。

瀬戸内レモンバル 瀬戸内牡蠣のアヒージョ レモスコ 70g 578円(税込)

うまいめし


【カルディ 瀬戸内牡蠣のアヒージョ】オシャレなパッケージ 

ネイビーのオシャレなパッケージに入った「瀬戸内牡蠣のアヒージョ」は、広島のご当地調味料”レモスコ”と広島産の牡蠣を使ったアヒージョです。

レモスコとは、広島産レモンと九州産青唐辛子、藻塩をブレンドした酸っぱい&辛いホットソースのことです。

中にはオリーブオイルと小ぶりの牡蠣が4つ入っていました。

酸味と辛味がしっかり効いていて、大人な味です。塩レモンなどが入っていますが、柑橘の香りはあまり感じられませんでした。

パスタに和えていただきました。酸っぱ辛いオイルと牡蠣のクリーミーさがよく合います。

燻製牡蠣のオイル漬け 85g 289円(税込)

うまいめし


【カルディ 燻製牡蠣のオイル漬け】スモーキーな香りがたまらない 

最後にご紹介するのは、スモーキーな香りがたまらない「燻製牡蠣のオイル漬け」。

原材料は牡蠣とひまわり油だけと至ってシンプルで、牡蠣のうまみがしっかりと感じられます。

四角い缶の中に小さな牡蠣がみっちり。これで300円は安すぎます。

かつお節のような香りがふわっと広がります。燻製しているからか、牡蠣のうまみがギュッと濃縮されています。

そのままでももちろんおいしいですが、バゲットにのせて食べてみました。

缶を開けてパンにのせるだけでなんだかリッチな気分になります。

パッケージがオシャレな食品は、キッチンに置いているだけでテンションがあがりますよね。

カルディの缶詰は見た目がかわいいだけでなく味も本格的。

そのままで食べてもアレンジしてもおいしいですよ。ほかにもさまざまな缶詰があるので、ぜひお気に入りを探してみてくださいね。

(うまいめし/adacharu)

【関連記事】

おすすめの記事